>   > 

■例えるならあなたは夢着るヌーディスト

【自己発信するAV女優の「裸の言葉」】AV女優・中森玲子という自由


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

20140217reiko10Z.jpg
AVでは見せることのなかったナチュラルな笑顔で語る中森玲子さん。飾らない会話や赤裸々な主張に耳を傾けたとき、胸に秘めた熱い人間ドラマが浮かび上がってきた


「称賛の言葉なんて1円にもなりませんから、とにかく買って下さい」


 強烈でした。

 彼女、中森玲子さんの第一印象は、本当に強烈でした。2008年の残暑。新宿区役所裏にある喫茶室の前。約束の時間を20分ほど過ぎた時間が、私と彼女の初めての出会い。Hカップ爆乳に目鼻立ちのくっきり整った聡明な顔立ち。男女問わず誰もが思わず目を奪われる見事なルックスをひっさげて、コンビニの角を曲がった道に現れた、その艶やかな姿を今でも鮮明に思い描くことができます。

 恐縮顔で何度も頭を垂れるマネージャの肩越し、ツンと鼻っ柱を上にして、ちらりを私を見やった悪びれない顔も。

 驚くことしかできませんでした。なぜなら、その年の5月。AVデビューをしたばかりの彼女は、どこかあか抜けない笑顔で笑うぽっちゃり系美女。ふくよかな爆乳を賢明にアピールする姿が、私の目には『私の魅力に気づいてよ』と訴えかけているようにしか見えず、編集部に無理を言って取材をセッティングして貰ったのですから。

 それが開けてビックリの玉手箱。現れたのは、この短期間にどうやって身に着けたのかと感心するほど、大物女優をオーラを放つド派手な美女だったのですから。

 当時の彼女は30歳になったところ。うすっぺらな熟女専門誌のインタビューごときに、まだ日の高い時間から呼びつけられたこと、もしかしてご立腹でいらっしゃる!? な~んて言おうか言うまいか悩んだことも、今になって蘇ってきます。

 あれから5年半。こんな邂逅が待っているなんて予想もできませんでした。

 今、口角から漏れる苦笑をこらえながら見つめるその先。午後の日差しをいっぱいに受けたカワイイ喫茶店の中、江戸切子のコーヒーカップを楽しげに眺めながら「みほさん? よかったら2杯目も頂きましょうか?」と、優しく微笑む女性が、まさかあの同じ彼女だとは。

20140217reiko03.jpg
※画像:チャリティー写真集より(現在は販売終了)

 さて、唐突に、個人的な記憶から始まった新コラム。一体何事かと思われた方も多いと思います。まずは筆者の自己紹介を。

 筆号は文月みほ。1998年6月、風俗誌で初仕事を頂いて以来、AV評からAV女優インタビュー、エロ漫画の原作やAVドラマのシナリオまで、膨大なアダルト記事を書きながら、東京の下町にこじんまりと生息するフリーライターです。

縁あってメンズサイゾーの編集長と懇意になり、サイトオープンから記事を書かせていただいているのですが、この度ようやく好き勝手を許していただける企画を頂戴することができました。

 この千載一遇のチャンスを逃してなるものかと、集中力タイマー3分切れのB型人間が、柄にもなく枕元にスマホをスタンバイし、夜な夜な思いついたことをメモに残しながら練りに練ったのがこの企画。敬愛するAV業界で息づく魅力的な方々と、形式ばったインタビューなんかではなく、もっと気楽にもっと熱っぽく語らった一部始終を書き綴っていくコラムなのです。

 テーマは『自己発信するAV女優』。魂と体を削って摩耗されて終わるだけだと思われがちなAV女優ですが、中には威風堂々と自己主張をする女優さんもたくさんいらっしゃいます。AV業界を16年見続けてきた私だからこそ伝えられることもある。そう教えてくれた中森玲子さんとの邂逅がきっかけで始まった企画なのです。

 では、そろそろ玲子さんの話題に戻りましょう。



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週