>   > 

「疑惑のベートーベン」佐村河内守の騒動が“聴覚障害詐称疑惑”に発展


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

0207samuragouchi_main.jpg
※イメージ画像:『交響曲第1番 HIROSHIMA』日本コロムビア

 「現代のベートーベン」と呼ばれた佐村河内守氏(さむらごうち・まもる=50)の騒動が波紋を広げている。聴力を失ったハンディを乗り越えて代表作「交響曲第1番 HIROSHIMA」などを作曲したとされる佐村河内氏だが、 18年前からゴーストライターを務めてきたという桐朋学園大学非常勤講師の新垣隆氏(43)が6日の会見で「指示書を基に自分が作曲していた」「(佐村河内氏は)譜面が書けない」と告発。ウソで塗り固められた虚像は完全に崩れ去った。

 さらに新垣氏は「(佐村河内氏の)耳が聞こえないと感じたことは一度もない」と語っており、全聾(ろう)についてまで偽装疑惑が浮上。新垣氏は「録音した音源を佐村河内氏が聴いていた」と証言し、記者から「聞こえないということを装っていたと解釈してよいか」と問われると「はい」と答えた。

 佐村河内氏は35歳で聴力を完全に失い、聴覚障害2級の障害者手帳を取得している。作品が別人の作だったというだけでも問題だが、もし彼が健常者で障害者手帳を不正取得していたとすれば、もはや完全に犯罪だ。これだけでなく、被曝2世であることや村上水軍の末裔を自称していることについても疑う声が強まっている。

 これに対し、佐村河内さんの代理人である折本和司弁護士は「聞こえないのは本当だと思う」と反論。折本弁護士によると、新垣さんはゆっくりと唇を動かすため「手話なんか使わなくても会話が成り立つ」といい、被爆2世であることに関しても「間違いない」と強調している。

 果たして、障害を偽装するということはあり得るのだろうか。

「聴覚障害は詐称しやすいとされ、一部の暴力団関係者の資金源にもなっているといわれています。数年前に北海道で数百人にものぼる大量の障害者手帳不正取得事件がありましたが、それも大半が聴覚障害2級でした。もともと佐村河内氏は売れないロックバンドのボーカルで、一時はホームレス同然の生活をしていたといいます。そのころに不正取得の手口を知って、申請していた可能性もないとはいえない」(週刊誌記者)

 もし不正取得が事実であれば、この事件をきっかけに本当に聴覚障害を持っている人々が疑惑の目を向けられることにもなりかねない。仮にそうなら、ゴーストライターを使って世間の目を欺いたことよりも、はるかに重大な罪といえる。


『鎮魂のソナタ』


曲に罪はないけど

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週