>   > 

加藤茶の妻・綾菜のアクセサリーブランド、海外の安物商品を高値で転売していた!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

ayanape0926main.jpg
※イメージ画像:ファッション&アクセサリー通販ショップ「P.E」より

 ザ・ドリフターズの加藤茶(70)の妻・綾菜(25)に新たなトラブルが勃発した。彼女がプロデュースするファッション&アクセサリー通販ショップ「P.E(ピーイー)」が、オリジナル商品の販売をうたっていながら、実は海外で安価に流通している商品を転売しているだけだったという疑惑が持ち上がったのだ。

 ネット上では、一部ユーザーが「P.E」の商品画像を検証し、そっくりの商品が海外で激安で売られていると告発。それによると、スワロフスキーを使ったバッグ用チャームが「P.E」で8,500円で売られていたが、見た目は全く同じ商品にしか見えない物が海外サイトでは4.99ドル(約490円)で販売されている。

 また、「P.E」で6,800円で販売されていた花型のペンダントは、全く同じ形状の商品が海外サイトで14.38ドル(約1,400円)で売られていた。他にも転売疑惑がかけられている商品は多数あり、中にはスワロフスキーを使っているとうたった商品が、海外サイトではライトストーン(普通のガラスもしくはアクリル製樹脂)をあしらった物だと説明されているケースもあるという。

 もちろん、海外で安く買い付けた商品に儲けや経費を上乗せして国内で販売するというビジネスは当たり前に存在し、全く批判されるべきではない。だが、綾菜の「P.E」はオリジナル商品を扱っているとうたい「職人の手作り」などといった売り文句まで掲載していた。そのためネットユーザーから「詐欺」「消費者を騙している」などと非難の声が上がることになったようだ。

 とはいえ、たまたま「P.E」のアクセサリーと似た安価な商品が存在し、材質や製造工程が全く別物であるのならば“冤罪”といえる。だが、「P.E」側は海外製の商品を転売している事実を認め、公式サイト上で「PEのホームページの作成時にオリジナルと言う言葉が残り最近までそのままになっていました。(中略)今はホームページからはオリジナルの文言は削除しております」と苦しい言い訳を展開。綾菜も以前はブログ上で「イヤリングを作りました」などと書いていたが、騒動後は「発売しました」という表現に変更している。

 「P.E」側が認めたことによって、同サイトでは海外の安物アクセサリーを数倍~数十倍の値段で販売していることが事実であると明らかになってしまった。これ以前にも、「P.E」の商品とそっくりの物が人気ショップ「フォーエバー21」や楽天のショップで売られているという“パクリ疑惑”があり、オリジナル手編みマフラーの「上質なコットンを使い(中略)本商品は高級生糸を使った本格仕様で…」という商品説明に「コットンは植物からとれる木綿で、生糸は蚕からとれる絹で全くの別物」というツッコミがネットユーザーから入ったこともあった。

 昨年末にスタートした「P.E」は、一部週刊誌で初年度の売上が8,000万円を超えると報じられるほどの人気ショップということだったのだが…。

「店の関係者から週刊誌側に『儲かっている』という情報がリークされたようです。週刊誌が女性芸能人の副業特集を組む際に、その情報を基に記事にした。しかし、実際は大した売上はなく『商品が売れまくっている』と週刊誌に煽らせることで顧客を増やそうとしたようです。大体、綾菜がプロデュースした商品を買いたいという女性がどれほどいるのかと考えれば、そんなに売れていないことは想像がつく。リーズナブルな商品が多いため多少は固定客もいたようなのですが、今回の騒動で“お得感”が消し飛んでしまいましたから、自業自得とはいえ相当厳しい状況になるでしょうね」(マスコミ関係者)

 加藤が必死に働いている間にガラの悪い友人たちを自宅に招いて連日パーティーを開き、推定200万円以上のソファーなどの高級家具を新調したりブランド物を買い漁るなど、加藤の財産を食い潰しているともいわれている綾菜。17日付の加藤のブログでは、書き手として登場した綾菜が「私が毎日パーティーしてるとか週刊誌にかかれてるみたい」と反応し、「全くの嘘だよ」「そんな暇まったくありませんよ」などと否定。だが、加藤の知名度を利用してブログから「P.E」サイトに読者を誘導し、胡散臭いビジネスをしているとなれば、色眼鏡で見られてしまうのも仕方ないところだ。

 加藤は17日に出演した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で「(妻が)バランスの良い食事を作ってくれるから健康体です」などと夫婦円満をアピールしていたが、テレビ画面に映った彼の姿は明らかにやつれ切っており体も以前より小さく見えた。45歳年下の若妻をもらったのだから多少のトラブルや苦労は仕方ない代償なのかもしれないが、ファンは誰もが「加トちゃん、目を覚まして!」と願っているに違いないだろう。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops


『Wire Art Jewelry』


さあ、自作を始めよう!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週