>   >  ナンパ・さかなクン似の女が来た

【ネットナンパ】ギョギョー!!!! さかなクンさん似の女がやって来た!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

netnanpa0905fla.jpgIllustrate by ながおか

 ブスな女はエロい! 昔からよく聞く言葉である。不細工な女性は自分が持てないのをわかっているから、ちょっとしたきっかけでスグに股を開いてエッチの経験が普通の娘より抱負になる。それゆえ、性感も発達していて、なおかつ男性に喜んで貰おうとハードなプレイにも気軽に応じてくれる。……ということらしい。

 筆者の過去の経験と照らしてみると、納得できる部分もあるが必ずしも100パーセントではないように思える。

 まあ、筆者トコショーにしてみれば、相手の容姿はさほど問題ではない。楽しく気持ち良くセックスさえできれば、後は些細な問題である。

 だが、不細工でありながら常に不機嫌そうなマグロ女! てめえだけは論外だ。こっそり顔写真を盗撮して筆者のHPで公開するぞ、ゴルぁ!!

 えー、コホン。ちょっと熱くなってしまったが読者の皆さんには、不細工でありながら不機嫌そうな女が待ち合わせ場所に現れたらスグに回れ右して逃げ出すことをオススメしておこう。

「もしかしたら、こういうのこそ案外いいもの持ってんじゃね?」と無理やりに好解釈して、後で後悔するのは筆者くらいで十分だろうから。

 
———————–
新宿で暇しています 
 
初めまして!
昨日登録したばかりでまだ使い方よくわかってません。 
 
急ですけど今から新宿で会える人いませんか?
すぐに携帯のアドレス交換できる人のほうが安心できます。 
 
それでもいいですか? 
 
08月2*日18時12分
受付メール数:1/5 
 
♀アリス
19歳
———————–

 
 いつものように筆者愛用サイトの一つである【イククル】をチェックしていると、ご覧の書き込みに遭遇した。19歳の女子がサイトに登録したばかりとな! こりゃあ筆者が優しく手取り足とり教えてやらねばなるまい!!

 
———————–
こんばんは、アリスさん。
都内のデザイン事務所でWEBデザイナーをしているショーイチ、32歳です。 
 
いま私は西武新宿駅付近にいるので、これからスグの待ち合わせでもOKですよ。
詳しい条件とか希望とかあるようでしたら教えてもらいたいです。 
 
あ、私のアドレスも教えておきますね。お返事は下のアドレスに貰えたら嬉しいです。 
 
******@softbank.ne.jp
———————–

 
 彼女の要望通り、筆者の携帯アドレスを書き込んだ状態でメール送信。一発目のメールから個人情報を教えるのは焦りすぎかもしれないが、時には思い切った手段に出ることも必要だ。まあ、この書き込みが業者の釣りだったとしても、迷惑メールが増える程度だろう。日に数百通もの迷惑メールを受け取っている筆者にしてみれば、今さら多少迷惑メールが増えたところでどうってことないのである。

 メールを送信後、数十秒置きに携帯電話をチェックする作業に入る。筆者の携帯は、登録していないアドレスからメールが送信されると自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられる設定となっているからだ。

 そんな作業を開始して5分ほど経過したところで、一通の見知らぬアドレスからメールが届いたことを発見。そう、アリスちゃんからのメールである。

 
———————–
アリスです。メールありがとうございます。 
 
今からスグとかでも大丈夫ですか?
会えそうだったら、お返事下さい。
———————–

 
 なんとも素っ気ないメールであるが、出会える系サイトではこれが普通なのである。なかには自分の名前すら名乗らない場合もあるので、それを思えばアリスちゃんからのメールは遥かにマシなほうだろう。

 それから数通ほどのメールを交わし、無事に交渉成立。西武新宿駅南口にある宝くじ売り場の前で待ち合わせすることになったのである。

 
 待ち合わせ場所で待つこと数分、筆者の携帯電話が鳴りだした。発信先は見知らぬ電話番号からだ。じつはアリスちゃんとのメールで、向こうに問われる形で筆者の携帯電話の番号を教えておいたのだ。それゆえ、この電話はアリスちゃんからのものであろう。

 
「もしもし」 
 
「あ、あの、サイトで約束した人ですか?」 
 
「うん、ショーイチだよ。アリスちゃんだよね?」 
 
「あ、はい。今近くにいるんですけど……」 
 
「南口を出てすぐの所に喫煙所があるんだけどわかるかな? いまたくさん人がいて混んでるけど」 
 
「んー、あ、はい。わかります」 
 
「その少し横に宝くじ売り場があるんだ。俺はその目の前にいるよ」 
 
「あ! わかりました」

 
 通話が切られた。と同時に小走りで筆者に近づいてくる娘を発見。
 
 
 
 
 ギョギョー!!!!!!!!
 
 
 
 
 満面の笑みを浮かべながらやってくる魚介系の生き物。魚類学者でタレントでもある“さかなクンさん”が女装したような感じの娘だ。

 
「お待たせしました! ショーイチさんですよね」 
 
「う、うん」 
 
「良かったぁ、優しそうな人で」

 
 まさに破顔だ。顔じゅうをクシャクシャにしながら笑顔で語りかけてくるアリスちゃん。
 
 
 
 
 ポっ!
 
 
 
 
 その笑顔を見て、惚れそうになる筆者。やはり女性は顔の良し悪しなんて重要じゃない! 愛嬌さえあって、気軽に股を開いてくれれば問題ナッシングなのだ!

 それに良く見れば、アリスちゃんは元AKB48研究生の藤本紗羅に似ているような気もする。これは魚類顔が好きな筆者にしてみれば、むしろ当たりかもしれない。うん、そうに違いない!!

 
「アリスちゃんのほうこそ、すんげぇ可愛いね」 
 
「やだ、そんなことないですぅ」 
 
「いやいや、そんなことあるって! その証拠に、俺の顔見てごらん?」 
 
「は、はぁ」 
 
「ね、嬉しそうな顔してるでしょ? 好みの娘の前だとニコニコしちゃうんだ」 
 
「そ、そうなんですか」 
 
「まあ、立ち話もなんなんで、向かおうか?」 
 
「はい」

 
 ホテル街に向かって歩きだすと、アリスちゃんが筆者の身体の横に寄り添ってきた。そして筆者の左手をとり手をつないできたのだ。

 コレは珍しいパターンである。ほとんどの女性は一定の距離を保ち、知り合いに見られても大丈夫なようにするものなのだ。突然のラブラブ攻撃に少々面食らいながらもアリスちゃんに聞いてみた。

 
「ね、アリスちゃん。新宿に知り合いとかいないの?」 
 
「え? どうしてですか?」 
 
「だってこんなオッサンと手を繋いで歩いてるの見られたら変に思われるでしょ?」 
 
「あ、大丈夫ですよ。知り合いとか友達とかほとんどいないし……」 
 
「へ? そうなんだ?」 
 
「まだ上京してあまり経ってないから、そういうのは大丈夫ですよ」 
 
「な、ならいいんだけどさ」 
 
「ふふ、ショーイチさんて優しいんですね」 
 
「そ、そんなことないよ」 
 
「あ、それとも私と手を繋ぐの嫌ですか?」 
 
「違う、違う、そんなことない。むしろ嬉しいくらいだよ」 
 
「えぇ? ホントですか?」 
 
「ほら、俺の顔見て! どんな顔してる?」 
 
「うーん、嬉しそうな顔!」 
 
「でしょ、だから嫌だなんて思ってないよ」

 
 これが44歳のオッサンと19歳女子の会話だなんて! なんだかんだ言っても、やはり日本はいい国である。他所の国で生まれていたら、筆者のようなキモいオッサンがこんな若い娘と会話する機会なんて皆無だったろう。

 そうこうしているうちにホテルに無事到着して、入室することになった。別々にシャワーを浴び、ベッドインスタートである!


『風俗ライター所沢ショーイチのネットナンパシリーズ 40歳からの素人ハメ撮り~出会い系編~』

ノリがイイ…けどさかなクンさんだよね…

amazon_associate_logo.jpg


『ギョギョさかなくん なりきりバンダナ』


被ってもらいたい

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週