>   >   > 

【現役セックスワーカーの素顔と本音】援交発、ホテヘル経由の手コキ嬢・後編


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

hotelgirl0624fa.jpg
※イメージ画像 photo by moregeoffsphotos from flickr

※前編はコチラから

 インディーズビジュアル系バンドの追っかけにハマり、憧れのボーカル男性とのセックスデートのために援助交際に励んでいたH子(20代・福岡県出身)。やがて高校を卒業し、都内の大学に進学する。彼女が選んだのは心理学科だった。

「彼が、いわゆる“病んでいる系”の人だったので、少しでも役に立つことが学べればって思ったんです」

 大学進学と同時に、援助交際からは足を洗った。風俗店のスカウトマンに声をかけられたのだ。

「個人じゃなくてお店を通したほうが安全かなって思ったので…」

 確かに、今まで危ない目に遭わなかったのが不思議なくらいだ。スカウトマンが斡旋したのはホテヘル店。

「1日に何人ものお客さんにつけるし、本番行為をしなくてもお金を貰えるのはありがたかった」

 福岡から東京に通っていた頃よりも飛行機代にかかる出費は減ったはずだし、何よりも東京在住であるバンドマンとの実際の距離も縮まったが、この頃から徐々にバンドマンからの連絡が少なくなってくる。しかし、自分から連絡することはしなかった。

「彼から連絡が来るまでは、絶対に私から連絡はしないって“自分ルール”を設けていたので…」

 しつこくメールして嫌われるのが怖かったのだろうか。そんな折、H子に人生初めての彼氏ができる。同じ心理学科に通う男性だった。

「カメラマン志望だったので、ヌードモデルの練習台になったこともありましたよ(笑)」

 相変わらずバンドマンからの連絡は来なかった。あまりにも連絡が来ないと、さすがに冷めてくるものだ。H子は、高校2年から4年間も慕い続けてきたバンドマンへの想いに、いったん終止符を打つことにした。

 「彼氏ができたことがきっかけ?」と尋ねると、「それとこれとは別問題ですね」と断言する。

「カメラマン志望の彼氏とは3カ月で別れましたし。今も、これからも彼(バンドマン男性)を越える男性はいないんじゃないかなぁ」

 そしてH子はもうひとつ大きな決断をする。大学を中退したのだ。大学中退と同時に、ホテヘルの仕事も辞めた。いま現在は、都内の病院で受付の仕事をしている。

「時間が空けばホテヘルの仕事に行くって毎日が続いて、このままじゃいけないような気がした」

 病院勤務を始めて実感したのは、「初めて人に言える仕事に就いた」ということ。高校時代から援助交際をしていたH子は、コンビニやファーストフードのバイト経験すらなかった。行きたい時に行って日払いで金を貰うホテヘルの仕事と違い、病院の給料日は月1回。手取りは20万円弱とのこと。ホテヘル時代とはずいぶん環境が変わったことになるが、贅沢をしなければじゅうぶんに賄える額だ。と、思いきや…

「実は去年の10月から手コキ風俗店でも働き始めたんです」

 理由は、バンドの次に新しくハマッたアニメの趣味だった。

「バンドマンから離れて、ほかにハマれるものがないとダメになっちゃいそうで…」

 ライブ会場を去ったH子は、今度はアニメイベントに通い詰めるようになった。好きな作家の作品やグッズには何万円使っても惜しくない。DVDも、販売店ごとに違う特典がつくならば同じものを何枚も購入する。ほか、好きなアニメに登場する土地にはわざわざ足を運ぶ熱心さ。そのための軍資金は、病院の給料だけでは足りなかった。

 アニメのために始めた手コキバイトとはいえ、自分の出勤日には必ず指名してくれるお客さんがいるのは嬉しいし励みになるとH子は言う。だからといって、ナンバーワンになりたいとか、そういった野心はないようだ。好きなアニメのため、病院と手コキ店のWワークを淡々とこなす毎日。

 「いま現在、彼氏はいるの?」と尋ねると、恋愛にも結婚にも興味がないという20代の女の子らしからぬ答えが返ってきた。

「彼(バンドマン男性)で全て燃え尽きちゃったカンジです」

 バンドマンとのセックスは大好きだったが、セックス自体はあまり好きではないというH子。「人恋しくならないの?」という質問に対しては、「抱き枕と一緒に寝ていますから」と、ケータイの画像を見せてくれた。アニメのイケメンキャラクターがプリントされた等身大の抱き枕…値段は1万円するという。その1万円を稼ぐための手コキバイトなのだ。
(文=菊池 美佳子)

菊池美佳子(きくち・みかこ)
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21~29歳の間、キャバクラ嬢・テレフォンセックス嬢・企画物AV嬢としても活動。引退後、文筆業に転身。
■著書:『2010年代 ニッポンの風俗』『つけちゃうぞ! 大人の保健体育』
『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』

※本コーナーでは、インタビュー取材にご協力頂ける、風俗店勤務の女性を募集しております。ご興味をお持ち頂けましたら、下記アドレスまでご連絡お待ちしております。
info@www.menscyzo.com

【現役セックスワーカーの素顔と本音】バックナンバー

第7回ハプニングバー店員発、ヘルス嬢経由のメンズエステ嬢
第6回「初体験は小2」ピンサロ出身のホテヘル嬢
第5話ヌードモデル発、OL経由のホテヘル嬢
第4話バツイチホテトル嬢のセックス観
第3話探偵ときどきソープ嬢
第2話AV嬢発、デートクラブ経由の手コキ嬢
第1話援交発、スナック経由のヘルス嬢


『篠崎愛 抱き枕カバー』


これなら欲しい

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週