>   > 

アイドルに処女性は必要ない!? AKB総選挙で指原莉乃が1位になった意味


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

画像:指原莉乃「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」より 撮影=岡崎隆生

 AKB48の32枚目のシングルの参加メンバーを決める『第5回AKB48選抜総選挙』の結果が8日に神奈川・日産スタジアムで発表され、HKT48の指原莉乃(20)が5月22日発表の速報から首位をキープして初の1位を獲得した。前回1位の大島優子(24)は2位、前回2位の渡辺麻友(19)が3位。「おブス」で「ヘタレ」といわれる指原が、強力な本命を押さえてまさかの逃げ切りを決めた格好だ。

 指原といえば、昨年の総選挙で4位と躍進するも、その直後に過去にファンと性的関係になっていたという致命的スキャンダルを週刊誌に報じられた。そのペナルティとしてHKTに“左遷”され、再浮上は難しいといわれていた。にもかかわらず、初のセンターの座を獲得できたのはナゼなのか。

「一時は落ち込んでいた指原ですが、所属事務所の太田プロがスキャンダル後も“推し”の手を緩めず、露出の多さをキープしていた。本人も開き直って、バラエティー番組で『週刊誌に写真を売られた』などと自虐ネタを披露し、イジりやすいキャラクターでテレビ需要が逆に高まるという結果になった。指原本人の努力もありますが、他の事務所であればスキャンダル発覚後に干され、復活することはできなかったでしょう。ファンにとっても、露出を続けていれば『頑張っている指原を支えなければ』という気持ちになる。『指原に9108票を投じた』という中国のファンが現れるなど“太い客”の存在も指原の強みになった」(アイドルライター)

 歴代の総選挙1位メンバーの前田敦子(21=現在は卒業)、大島優子、指原莉乃は全て太田プロ所属。そういった意味でも、事務所の力が大きく影響したといえそうだ。


『さよならクロール <Type K>』


さよなら神セブン

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週