>   >   > 

【ネットナンパ】うわっ! コイツ絶対に10歳以上サバ読んでるだろ? 筆者もそうだが…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

tokosyo_130425.jpg
Illustrate by ながおか

 出会い系サイトにおいて、自分の年齢を正直に公開している人は稀だと思われる。男性も女性も皆等しくサバを読んでいると思って間違いないだろう。

 筆者の場合は干支一回り分のサバを読んで32歳と称することも珍しくない。もちろん相手にメールを送る際にそう伝えるだけではなく、その度にサイトのプロフィールページで年齢を変更することも忘れていない。

 まあ、この筆者のサバ読みはバレバレなのかもしれないが、このことによって「おい、ゴルぁ!」と怒られたことはないのでギリギリセーフとしたいところだ。

 だが、女性のサバ読みは色々と面倒なことになりがちだ。とくに危険なのが、プロフィールでは【18歳】や【19歳】となっているのに掲示板の書き込み本文で【年齢ウソです】と注釈しているケース。そう、18歳未満の少女がなんらかの方法で年齢を偽ってサイトに登録していることもあるのだ。男性としてはクラっと来てしまうが、これはかなり危険である。

 このような書き込みは、すぐに相手が見つかって書き込みを取り消される、もしくはサイトの管理者によって削除されるなどするのでなかなかお目にかかることはできない。それゆえかなりのレアケースではあるが、このような書き込みに遭遇しても絶対に食指を伸ばしてはいけない!! 読者諸兄、くれぐれも注意していただきたい!

 そしてもっとも頻繁に行われるのが、自分を若く偽るケースだろう。さすがに30代の女性が18歳を名乗ることはまずあり得ないが、30代後半なのに20代中頃を装ったりするのはザラである。そんな女性といざ出会ってみても、まさかその場で年齢を確認する証拠を見せろと言いだすわけにもいかない。気の弱い男性なら、渋々と最後まで事を運んでしまうのであろう。実に不幸なケースではあるが、出会い系で遊んでいる人なら誰しもが2度や3度はこういう目にあっているハズだ。

 筆者の場合は、基本的にヤれればそれで良しのスタンス。それゆえ、女性のサバ読みを理由にゴメンナサイしたことはここ20年間で2度くらいしか経験がない。筆者のようなブサメンは、来るものは拒まずの気合を持っていないと出会い系で楽しく遊ぶことなんてできやしないのである。


-----------------------
終電までの間ですが


こんばんは、バツイチの私ですが需要ありますかぁ?
新宿でいまお茶しているところです。

見た目には自信ないんですけど、尽くすことにかけてはちょっと自信あります。

容姿にこだわらず、色々と余裕のある大人の男性からのメール待ってますね。


書込み日時:4/1* 21:07
受付メール数 :1/無制限

メールを送信する

♀チアキ
30代前半
-----------------------


 いつものように愛用サイトの一つである【ワクワクメール】をチェックしていると、ご覧の書き込みに遭遇した。この前日、焼肉屋でたっぷりと精をつけていた筆者はこの書き込みにピンときてしまった。“尽くすのが好きってことは、焼肉のせいでパンパンに溜まっているザーメンをきっちりと吸いだしてくれそう、ウヒっ”ってなもんである。

 容姿不明の相手だったがそんなことは構いもせず、早速アプローチを開始した。


-----------------------
こんばんは、チアキさん。
都内で会社員しているショーイチ、34歳です。

私も新宿にいるところなんですよ。
都合があえばスグにでも待ち合わせOKです。

ここ最近、全然遊んでいなかったので久しぶりに楽しくお会いしたいです。

良かったら、詳しい条件とか教えてもらえますか?
-----------------------


 数分もしないうちにチアキちゃんより返信が届き、サクサクと交渉成立。そのまま待ち合わせ場所へ向かうことになったのである。

 彼女が指定してきたのは新宿のドン・キホーテ前。ちなみに、新宿駅近辺には靖国通り沿いの新宿東口本店と職安通り沿いの新宿店の二店舗が存在している。どちらも出会い系サイトの待ち合わせの定番としてよく利用されているので、くれぐれも間違わないようにしないといけない。

 待ち合わせ場所に先着した筆者は、ドキをムネムネさせながらチアキちゃんの到着を待つことにした。すると数分もしないうちに一人のおばさんと目があった。そのおばさんは筆者と目があうと、軽く頬笑みを投げかけてきたのだ。“ん? なんだこのオバハン、俺に気でもあるのかな、ウほっ”と思った途端、そのオバハンが真っ直ぐ筆者に近づいてきたのであった。


「こんばんは、ショーイチさん?」

「え、あ、あぁ、チ、チアキちゃんかな?」

「はい、そうです」

「あ、あぁ、どうも」


 なんたるサバ読み! こいつ絶対に10コ以上サバ読んでるだろう? 下手すりゃ筆者とタメどころじゃなく年上かもしんない!

 一瞬ムカっときたものの、なるべくその気持ちを顔に出さないよう自制しながらサラっと彼女を値踏みする。スタイルはかなりやせ型である。胸もBカップほどであろう。そして顔はというと、なんとも地味な顔立ちだ。一重まぶたで化粧っ気が少ないその顔は、元グラビアタレントのMEGUMIを思いっきり劣化させた感じだ。

 だが、髪型や服装は清潔感があり、まあ衛生的な肉便器と思えば十分及第点だろう。よく目をこらせばシミや小じわが嫌でも目立ってしまうが、視力の悪い筆者にとっては問題ないハズだ。そんな計算をした後、勤めて明るい笑顔を浮かべながら応対することにした。


「よく俺だってわかったね?」

「はい。聞いていた服装通りでしたから」

「そっかあ、じゃあ早速だけどホテルに向かおうか?」

「はい」


『風俗ライター所沢ショーイチのネットナンパシリーズ 40歳からの素人ハメ撮り~出会い系編~』

手練だったか……

amazon_associate_logo.jpg

『希志あいののフェラチオ360分SPECIAL!!』


いつまでも舐めてて貰いたい

amazon_associate_logo.jpg



Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週