>   >   > 

AV界屈指の「美尻番長」神ユキ! “美しいお尻”の秘訣は高校時代からのTバック!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

jinjin0423_01.jpg

 その「お尻」は、もはや神の領域? ウエストからヒップラインにかけての官能的なくびれ、そして芸術品ともいえるそのお尻! 神尻とも美尻番長とも呼ばれる女優・神ユキ(じん・ゆき)の最新作は、5月7日発売開始のイメージビデオ『極 神尻 ~アナル*スペシャル~』(プレミアム)、そして自身初のドラマ仕立て作品となる『夫の目の前で犯されて-特別編 アスリートの絶望』(アタッカーズ)の2作品。しかもこの2作品、AV業界としては異例の同時発売! まさに“神”がかり的に人気の神ユキ。今回は、美し過ぎるお尻だけでなく、彼女の素顔にも迫ってみた。

jinjin0423_03.jpg

──芸歴は2008年からとうかがっていますが、AV作品に出るようになったのは昨年末からなんですよね。どういうきっかけで本番解禁したんですか? 

「最初はイメージビデオのお仕事が続いていたんですけど、何作目かでまずフェラチオシーンを解禁することになったんですよ。目隠しされた状態で唇にあてられて、それが何かを当てる…みたいなシチュエーションでした」

──目隠しでチンコあてるって、大学生のヤリコンみたいなノリですね(笑)。ご自身の合コン経験は? 

「実は合コン経験って少ないんです。高校生の時に何回か誘われたことはあるんですけど、両サイドに男の子が座って、狭いわけでもないのにめっちゃ近寄られて…それに怯えちゃったトラウマがあるのかも」

──それぞ合コンの醍醐味なのに(笑)! もしかしたら、若いノリがあんまり得意じゃないのかもしれませんね。

「年下男性との交際経験はないですね。年上のほうがいいのかも。おじいちゃん子だったからか、加齢臭やたるんだ皮膚も嫌いじゃないんですよ(笑)」

jinjin0423_02.jpg

──枯れ専(笑)? 

「枯れてちゃダメですよ(笑)。セックスできなきゃダメ!」

──セックスが好きなんですね。

「子どもの頃から、エッチなことにすごく興味のあるマセガキだったんです(笑)。3世代同居だったからかな、家には叔父さんのエロ本があって、しょっちゅう隠れて読んでいました。それがきっかけで、オナニーも5歳くらいからしていたんじゃないかなあ。そういう部分を触ると気持ちいいって書いてあって、見よう見まねで」

──初オナニーが5歳とは早熟ですね! ロストヴァージンも早かったのでしょうか? 

「14歳の時でした。マセガキだったので(笑)早く体験してみたいって願望が強かったんですけど、実際やってみると想像を絶する痛さでしたね。痛さでカラダが自然と逃げちゃうっていうか、ずり上がる感覚! でも、終わってみると『やったったー!』っていう達成感でいっぱいでした(笑)。あとは、何回くらい経験を積めば気持ち良くなるのかなぁって、素朴な疑問も浮かびましたね」

──何回目から気持ち良くなりましたか? 

「早かったですね。3回目くらいから(笑)」

──マセガキな中学時代を経て(笑)、高校時代はどんなカンジでしたか? 

「高校生になって、下着を自分で買いに行くようになってから、Tバックを穿くようになったんです」



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週