>   >   >  ナンパ・春は18歳を喰う季節

【ネットナンパ】春は18歳を~、喰う季節でっす♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

netnanpa0425.jpgIllustrate by ながおか

 長かった冬も終わり気候が温かくなってくると、途端に活性化するのが出会える系サイトだ。一年のうち最も出会いやすい季節なので、筆者のテンションも否が応でも上がりまくってしまう!!

 世の中にはそう思う男性も多いようで、筆者愛用の出会える系サイトにおいてもかなりの賑わいを見せている。

 だが、こんな時だからこそ気をつけていただきたいことがある。それは、悪質な出会い系業者による釣りメールだ。

 
———————–
22歳の☆あんず☆です(^O^)/
mixiかgreeからメールもらったんだけど覚えてるかなぁ?
モバゲだったかなぁ(*_*; 
 
すごいメールきてて返事できなかった。。
その中からビビっときたのでメールしてみました!!
もしよかったらあんずのブログから連絡下さい。 
 
http://*****.**** 
 
初めはどんな人か知りたいし、超簡単にプロフ登録したらいっぱい無料で電話できるよ♪
じゃあ楽しみに待ってるよ(≧o≦)
———————–

 
 上のメールは、筆者に届いていた釣りメールだ。典型的な悪質業者によるものである。筆者はgreeもモバゲもやっていないので、こんなメールに釣られる訳がない。

 ただ、日頃からナンパ目的でSNSを利用している男性ユーザーなら騙されてしまうかもしれない。それにしてもずいぶんと頭の悪い内容である。メールで連絡を寄こしておきながら、ブログから連絡くださいだなんて意味不明もいいトコだ。

 
———————–
随分前にメールもらってたまきです☆
セフレ募集で投稿してたんだけど覚えてる?
24歳だょ(^O^)
今は歯科助手してます♪♪♪
写メ送った方がいいかにゃ〓
セフレでもOKだったら下から返事下さいね〓〓 
 
****08**xzy@ezweb.ne.jp
———————–

 
 こちらのメールも典型的な詐欺メールだ。メール本文の最後に携帯のアドレスを記載しているのだが、このアドレスにメールを送ると業者のデータベースに登録されてしまうという仕組み。

 スケベな男子ならコロっと騙されてしまいそうである。だが、この手のメールはなぜか送り主のアドレスがトンデモないことになっている。上のメールの場合、本来なら「****08**xzy@ezweb.ne.jp」から送られてくるのが筋だろう。だが、業者は「****@softbonk.biz」だの「****@ez_au.asia」だのといったヘンテコなアドレスを利用して送信してくるのだ。

 それゆえ、怪しいメールが送られてきたら落ち着いて送り主のアドレスを確認していただきたい。だが、最近はアドレスを偽装して迷惑メールを送ってくる業者もいるので、より一層の注意が必要だろう。

 その他にも業者メールを見抜くコツはあるのだが、それはまた別の機会に書かせていただくことにしよう。

 
 さて、話が脱線してしまったが、温かくなってきたこの季節は新たな出会いのチャンスなのである。高校や専門学校、大学を卒業したばかりのピッチピチギャルが出会える系サイトデビューをする時期だからだ。

 
———————–
21時くらいから新宿で 
 

どなたかいませんか?
高校を卒業してからプーなので、ヒマしてます
連絡待ってます 
 
04月1*日20時26分
受付メール数:1/無制限
メッセージを送る 
 
♀まち
18歳
———————–

 
 ご覧の書き込みは、筆者愛用サイトの一つである【イククル】で発見したものだ。高校を卒業したての18歳がこんな書き込みで男性からの応募を待つだなんて、ホントこの日本ってやつは素晴らしい国である。

 速攻でファーストメールを送りつけ、数回のメール交換を経て約束を取り付けることに成功したのであった。

 待ち合わせ場所は新宿アルタ付近の喫煙所だ。約束の10分ほど前に到着した筆者は一服しながら「待ち合わせ場所に着きました。煙草を吸いながら待ってるので、慌てないで来てくださいね」とまちチャンにメールを送信。

 すると、「いま近くにいるので、向かいますね」と返信が届いた。そして1本目の煙草を半分ほど吸った所でまちチャンと思しき女性が喫煙所近くにやってきた。

 喫煙者の人垣の合間からまちチャンを観察する筆者。
 
 
 
 
じ、じつに微妙……
 
 
 
 
 彼女のスタイルは身長160センチほどで、チビでもなくノッポでもない。肉付きも普通といった感じで、ガリでもなくデブでもない。

 そして顔はというと、元ジュニアアイドルの竹村桐子といった感じだ。ブスではないが、とにかく地味である。明日になったら完全に記憶から消えてしまいそうなほどの地味さである。

 きっと素っぴんに近い状態なのであろう。きっとバリバりに化粧をしたら、今をときめくきゃりーぱみゅぱみゅ並みに可愛く化けてくれそうだ。

 ま、顔なんてオマケだし、とにかく相手は18歳! ここで引くわきゃないのであった。

 煙草を消し、人混みを迂回しながら彼女の背後に回って声をかける。

 
「こんばんは、まちチャンだよね?」 
 
「は、はい!」 
 
「ごめん、ごめん。ビックリさせちゃったね。イククルで約束したショーイチです」 
 
「あ、あ、どうも」 
 
「こんな俺だけど、いいかな?」 
 
「は、はい」

 
 あまりこういう出会いに慣れていないのだろう。ま、18歳でこんな出会いに慣れていたら、それはそれで問題だが。なかなか彼女の緊張がほぐれてくれない。こんな娘相手に有無を言わさずホテルに直行することに気が引けてしまう。

 
「もしかして緊張してるのかな」 
 
「……」 
 
「じゃ、よかったら軽くどこかでお茶でもする?」 
 
「い、いえ、大丈夫です」 
 
「それじゃあ、立ち話もなんだから、とりあえず歩こうか?」 
 
「はい」

 
 こうしてホテル街へと向かい始める。歩きながら世間話をするものの、まちチャンは緊張しっぱなしだ。そこで一計を案じ、途中でコンビニに立ち寄ることにした。

 
「何か飲み物でも買っていこうよ」 
 
「あ、ハイ」 
 
「好きな飲み物なんでもいいからね」 
 
「え?」 
 
「あ、もちろんおごってあげるから」 
 
「は、はい」 
 
「あ、なんだったらプリンとかケーキ系のスイーツも買っちゃう?」 
 
「いえ、大丈夫です」 
 
「そっかあ残念。一緒に食べたかったなぁ」 
 
「そ、そうなんですか?」 
 
「うん。甘いものと、マチちゃんみたいに可愛い娘が大好きなんだ」 
 
「え?」 
 
「あ、いや。ホントに飲み物だけでいいの?」 
 
「はい。ありがとうございます」

 
 直接ホテルに入るのではなく、こうした日常の延長である買い物という行為をあえて挟んだのである。そのおかげも多少あったのだろう、幾分まちチャンの表情がほぐれたようだ。

 こうしてコンビニ袋をブラ提げたままホテルに入室。ガサゴソと袋から飲み物を取り出し、まずは二人で喉を潤す。


『風俗ライター所沢ショーイチのネットナンパシリーズ 40歳からの素人ハメ撮り~出会い系編~』

手塩にかけて育てることを決意したトコショー

amazon_associate_logo.jpg


『インベーダーインベーダー 』


化けるかもよ!?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週