>   > 

「壇蜜、早く死んで!」岡本夏生・毒舌の真意と愛される人柄


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

okamoto0314.jpg
※イメージ画像:『Trinity 38』インフォレスト

 3月12日、都内で行われた恐竜アドベンチャー映画『ダイナソー・プロジェクト』公開記念イベントに恐竜の着ぐるみ姿で出席した「最年長グラビアアイドル」の岡本夏生(47)。会見では、彗星のごとく登場し、“宿命のライバル”としている壇蜜(32)の名を取り上げ、「最年長グラビアアイドルの座も奪われたわ。早く死んで欲しい!」と毒舌を吐き笑いを誘った。確かに壇蜜はギリギリ露出のセクシーグラビアであらゆる雑誌媒体を席巻し、女優としてはヘアヌードも厭わない潔さでさらに株を上げ、バラエティでも頭の回転の速さを生かした絶妙の「下品すぎない下ネタ」で笑いを起こす今まさに旬のデキる女。業界人ウケも最高に良く、また一緒に仕事をしたいと話す者が後を絶たない人気ぶりだ。

 さらに壇蜜は女性人気も獲得中で、女性向け週刊誌のみならずファッション誌やライフスタイル誌にまで登場。男性向けグラビアで知名度を上げ、後からダイエットやママタレ転身などで女性人気を上昇させていく既存のグラビアアイドルのロールモデルをわずか一年で完成させる勢いだ。これには多くのグラドル・そしてモデル出身タレントまでも地団駄を踏んでいるという。岡本夏生も壇蜜の登場によって仕事を奪われている側面が全くないとは言えないだろう。

 しかし、これは「いつものリップサービス」という見方が強い。むしろ、岡本と壇は番組共演経験もあり親しく、いわば大先輩と可愛い後輩の間柄だという。

「岡本は壇を可愛がっていて、レギュラー出演している『5時に夢中!』(東京MX)で休養していた北斗晶の代わりに壇蜜がゲスト出演した時も、仲良く笑いを取っていましたよ。岡本はかつて一世を風靡したものの、人気が去って“一発屋タレント”のような扱いを受け辛酸を舐めた時期がある。壇蜜には同じ轍を踏んでほしくない、と思い、アドバイスを授けているのではないでしょうか。芸能界には岡本を姐さんと慕う女性タレントは少なくないですよ。テレビではあの派手でふざけたキャラクターですけど、実際はものすごく真面目で質素、人柄も良いですからね」(業界関係者)

 岡本の人柄の良さは、2011年に発生した東日本大震災の支援活動を継続的に行っていることからも見てとれるという。『5時に夢中!』では3月5日、12日と二週にわたって、彼女の支援活動に同行したVTRを流し、視聴者からは大きな反響があった。

 岡本は2月下旬に宮城県気仙沼湾に位置する東北最大級の離島・大島にある気仙沼市立大島小学校を訪問。79名の生徒たちにボールや衣料品、現地で不足しているというお菓子を配った。3月11日にも同島を訪れ、仮設住宅75軒に暮らす被災者に募金で集めた1万円を手渡してきた。

 彼女はかねてより「(被災地回りは)金と時間がある人がすればいい。芸能人なので募金や物資を呼びかければ集まりやすい」と話しており、自主的に街頭で義援金を募り、東北の被災地に自ら購入した物資を車で届けてきた。スッピンで行くため、岡本夏生とは気づかれず「普通のおばさん」としてボランティア活動を行っているのだという。募金活動で集めたお金の使い道が不透明に思われてはいけない、と、『5時に夢中!』では、「ボール12個・2万6174円、Tシャツ98枚・49万1271円、ベンチコート98枚・64万2100円…総額148万1983円」といった内訳も公開。彼女のVTRを見て、スタジオゲスト出演していた杉本彩はうっすら涙ぐんでいた。その杉本も、被災地への支援を継続しており、3月16・17日に行うチャリティイベントには岡本も参加するという。

「バブル絶頂期には10数億を稼ぎ、海外でブランド品を買い漁っていた。しかし人気がなくなり、月200本近くあった仕事が2~3本に激減。仕事のない10年間、洋服は全盛期に買ったものを着るためまったく買わずに済ませ、年間40万円使っていた美容院代を1000円カットの店に年に2回行くだけにして2000円まで下げ、食事も自炊し倹約生活に励んでいたと明かしています。それを苦労話としてではなく、『もともとお金持ちじゃなかったんだし、普通の生活に戻っただけ』と明るく話すんです。テレビやイベント出演が増えて安定した現在も、芸能人然とした華美な生活をせずにいるため、支援活動の費用などを捻出できているようです」(前同)

 静岡県出身で、東北に縁があるわけではないが、「同じ日本に住んでいるのだから目と鼻の先。動ける人がすぐ動いて支援に回ればいい」と言い、家庭を持っていれば生活第一でもよく、「たまたま私は独身で少しのお金もあったので…支援活動できる人がフットワークよく動くという意味では、ああ私の役割はちゃんとあったなと思えたんです」と柔軟に考える岡本。業界内でもそんな彼女のことをちゃんと見て、理解・賛同し、応援している人間はたくさんいる。だからこそ、再ブレイク後の活動が安定しているとも言えるだろう。壇蜜に食われて終わるようなタマではない。


『ニンフォドリーム [Blu-ray]』


業界内人気最強!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週