>   > 

膣コキとセックスは何が違うのか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

titukoki0212.jpg
※イメージ画像 photo by erospsiche from flickr

 「扱く」と書いて「こく」と読む。手や物の間に挟んでしごいたり擦ったりするという意味で、辞書を開くと「稲を扱く」という用例が紹介されていた。日常的には、稲よりもペニスに対して多用される言葉だろう。

 すぐに思い浮かぶのは「手コキ」。要するに手淫のことである。オナニーにおいてすっかりお馴染みの動作だ。オナニー以外にも、セックスの前戯において、女性に施されることもある。

 オナニー時には不可能なのが「足コキ」。女性の足の裏でペニスを挟んでもらい刺激を得る。一般男性にはさほど浸透していないプレイだが、足フェチ男性やM気質の男性からは絶大な人気を博している。

 ほか、ペニスを挟み込めるのに適した部位といったら、なんといってもオッパイ! パイズリである。残念ながら全ての女性が対応可能なプレイではなく、巨乳であることが絶対条件。ローションを併用することで感度が増す。

 そして、ペニスを挟み込む部位として忘れてはならないのが膣! と言うと、「要するにセックスのことだろう!」という声が挙がりそうだが、ここではあえて「膣コキ」に注目してみたいと思う。

 ペニスを膣に挿入する行為をセックスと定義づけるなら、確かに膣コキもセックスであることに変わりはない。しかし、膣コキ経験者いわく、「セックスと膣コキには微妙な違いがある」とのこと。

 わかりやすい違いとしては、「女性のオーガズムに対する感情」が挙げられる。セックスは、相手女性のオーガズムも念頭に入れ、極力長い時間キープできるように微調整しつつ腰を振るのが一般的。しかし膣コキは、手っ取り早く射精することが最優先事項なのだとか。

 そして、ペニスのどの部位に刺激を与えるかという点。セックスは、膣の奥深く根元まで挿入し、ペニス全体で内襞の感触を楽しむものだが、膣コキは亀頭中心。そういえば手コキの際も、グリップするのは亀頭がメインだ。よって、深い挿入は膣コキと見なさず、浅い挿入こそが膣コキの定義である。

 女性である筆者の視点からは、正直ご遠慮頂きたい行為としか言いようがない。「セックスしよう」ならまだしも、「膣コキさせて」と誘われたら、ほとんどの女性は不快感を露わにするだろう。

 しかし、相手女性の快感はあえてスルーするのが膣コキである。「女性のオーガズムを無視するなんてありえない!」「セックスは、女性にオーガズムをもたらしてこそ充足感を得られるもの!」と反論意見も多いだろうが、経験者いわく膣コキは、セックスとはひと味違った興奮を得られるという。

 さて、膣コキ経験者とは、いったいどのような素性の人たちなのだろうか? 多いのが、既婚男性……正確に言うと妻子持ちの男性だ。聞くところによると、産み分け方法の1つとして「女性がオーガズムに達する前に射精することで、女児が産まれる確率が高くなる」という。女性は、オーガズムに達すると、膣内にアルカリ性の粘液が満ちる。逆に、快感が得られなければ、膣内は酸性状態のままだ。精子にはX精子とY精子があり、酸に強いX精子が受精すれば女児が産まれるので、女性にオーガズムを与えないことこそが産み分けのコツという理屈だ。「女の子が欲しい」という認識で一致した夫婦が、産み分け目的で、ギリギリまで手コキやフェラチオを駆使し、射精直前にようやく膣挿入して、浅い部分で果てるというセックスをすることもあるという。生殖目的重視のシチュエーションにおのずと興奮も高まるのだとか。

 未婚男性にも、膣コキ経験者は存在する。皆さんの中にも、すでに経験済の人はいるはずだ。処女や、膣の小さい女性相手の場合はおのずと膣コキになる。処女がロストヴァージンでオーガズムを得るのはほぼ不可能だし、膣の小さい女性も、オーガズムに達する前に痛みを訴えることもある。よって、女性のオーガズムを慮る必要は皆無(極論ではあるが)。同様に、深い挿入も、痛みを考慮してセーブすることになるので、浅い位置でのピストンがメインになる。このケースは、セックス経験の浅い女性に対して興奮が高まっているということなのだろう。

 最後に、女性の体験談もご紹介しよう。相手男性のペニスサイズが短かったことに加えて、三こすり半程度の早漏だったため、膣コキに使われたかのような複雑な気分になったとのこと。察するに、相手男性は膣コキのつもりではなく、セックスとして臨んだであろう。それを膣コキと解釈されるとは、なんとも皮肉である。しかし女性側は、「性欲処理目的」というシチュエーションに萌えたという。

 意外な興奮ポイントが発見できる膣コキ…産み分け目的でなくとも、相手女性がセックス経験豊富でも、自身のペニスが長くても、新たな興奮を得るべく、試してみるのも一興である。
(文=菊池 美佳子)
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21~29歳の間、キャバクラ嬢・テレフォンセックス嬢・企画物AV嬢としても活動。引退後、文筆業に転身。
■著書:『2010年代 ニッポンの風俗』『つけちゃうぞ! 大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』


『膣圧トレーニングボール』


膣圧上げて絞りとっちゃえ♪

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週