>   >   >  ナンパ・40代女性に欲情するだけで、人生バラ色に!!

【ネットナンパ】40代女性に欲情するだけで、人生バラ色に!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

netnanpa0215.jpgIllustrate by ながおか

 ペニオク詐欺の片棒を担いだ件でグラビアアイドルのほしのあきに対してバッシングが続いているようだ。個人的には、パチンコのCMに出ている芸能人のほうがよっぽど悪質だとは思うのだが…。

 パチンコのせいで毎年たくさんの人が死亡しているのに比べたら、ペニオクなんざ雑魚もいいところだろう。2ちゃんねる創業者のひろゆき氏の言葉「うそはうそであると見抜ける人でないと難しい」ではないが、ペニオクのようなレベルの低い詐欺行為を見抜けないほうもどうかしている。メンズサイゾーをご覧になってるような人たちにとってはまさに対岸の火事、メシウマ状態だろう。

 話が脱線してしまった。筆者が考えるに、約6年ほど前に三十路過ぎでグラビア界でブレイクしたほしのあきが世間に与えた衝撃は今もなお続いているように思える。

 以前は、三十路過ぎの女性に対して「ババァ」だの「おばさん」だの「売れ残り」だのといった形容詞が当たり前のようにつけられていたものだ。だが、ほしのあきのブレイク以降、「あれ? 30歳過ぎててもイケる人はイケるんだ」と気付いた男性が増えてきている。

 そんなほしのあきのブレイクにつられるかのように、綺麗で若々しい三十路過ぎの女性が増えているのも事実だろう。

 筆者が大好きな“出会える系”でも同じ。30代、40代の女性がなんの億面もなくSEX相手を募集し、活況を呈している。ほんの6、7年前なら、熟女マニア以外の大多数の男性から「ふざくんな! 糞ばばぁ」と罵られていたこと間違いナシだ。

 つまり、ほしのあきのブレイク前とブレイク後では三十路過ぎの女性の地位が天と地ほどかけ離れていると言いたいのだ。だからあんまりほしのあきを責めないであげてほしーノ。ここ四半世紀の間、母親以外のすべての女性をSEX対象として観察してきた筆者トコショーの持論である。

 
———————–
後悔はさせませんよぉ!! 
 
 
 
旦那が短期の単身赴任中です! 
 
完全レス状態でオカシクなりつつあるかも? 
 
子供は親に預けるので、シンプルにHを楽しみたいんです!! 
 
書込み日時:2/* 19:23
受付メール数 :2/15 
 
♀かんな 
 
40代前半
3サイズ:ヒミツ
———————–

 
 いつものように【ワクワクメール】でお相手を物色していると、こんな書き込みに遭遇した。40代前半で写メも公開しておらず、しかも3サイズは秘密ときたもんだ。宝くじみたいな感覚で面白そう! どんなハズレが来るか、はたまた予想を裏切るイイ女が来るのかと触手が動いてしまった。

 すでに2人の男性が彼女にアプローチしているようだが、ポイントを買い足して間もなかった筆者はダメ元でアプローチを開始してみたのである。

 
———————–
こんばんは、かんなサン。都内の会社員ショーイチ・44歳です。 
 
私もかんなサンと同じでレス状態なんですよ。 
 
良かったら二人で気持ち良く慰めあいたいです。
詳しい条件とか希望などありましたら教えていただけませんか?
———————–

 
 ちなみに、筆者がかんなサンの書き込みを発見したのは19時30分過ぎだった。つまり彼女が掲示板に告知してからわずか10分足らずで2人の男性からアプローチされているということだ。

 ダメ元でアプローチしたとはいうものの、もちろんある程度の勝算はあった。彼女と同世代であり、同じようなセックスレス状態であり、紳士を装った上記の筆者のメールは案外と女性に響くものなのである。

 
———————–
連絡ありがとう、ショーイチさん。
優しそうなメールにくらっときちゃいました。 
 
30分後に新宿で待ち合わせとかどうでしょう?
———————–

 
 案の定である。“出会える系”には意外と不器用な男性が多い。それゆえ、オラオラ系の強気なメールを送ったり、下心全開でエロエロメールを送ったり、妄想が強すぎて危ない内容のメールを送ったりするケースが実に多いのだ。

 そんな中で、筆者のメールは「あ、こいつなら安全そうだ」と思われたことだろう。少しだけへりくだった態度で接するだけで、大爆釣なのだから笑いが止まらない。

 待ち合わせ場所で待つこと数分。かんなサンが筆者の前に現れた。
 
 
 
  プゲラ! また大当たりじゃん!! 
 
 
 
 彼女の容姿は、「きれいなおねえさんは、好きですか?」の初代であるミズノだかサカイのマキだかミキだかを彷彿とさせた感じ。ミキだかマキだかわからんが、代議士の嫁になったあの初代綺麗なお姉さんである。

 ちょっと厚めの化粧を施してはいたものの、炎天下でデートするわけでもないのでノープロブレム。彼女が近づいてきただけで、フワーっと上品な匂いが鼻をついてきた。

 
「こんばんは、かんなサンだよね?」 
 
「は、はい。ショーイチさん?」 
 
「うん、そう、ショーイチです」 
 
「よかったぁ、優しそうな人で」 
 
「いや、俺も良かったよ。こんな綺麗な人だと思わなかったからさ」 
 
「もう、またまたぁ」 
 
「ね、かんなサンじゃなくてかんなチャンって呼んでいいかな?」 
 
「は、はい。もちろんいいですよ」 
 
「うん。かんなチャンみたいに綺麗で若々しい人にサン付けは変だから、チャンで呼ぶね」 
 
「もう、本当にクチが上手いんですね」 
 
「んなことないよ。俺は下半身で物事を考えるから、嘘とか誤魔化しができないだけだよ」 
 
「フフフ、じゃあそういうことにしておきますね」

 
 我ながらいつも以上に饒舌だ。実年齢41歳とのことだったが、30代前半に見えるかんなチャン。だが、見た目の若々しさと反比例するかのように、漏れ出すフェロモンがたまらない。

 ホテルに向かいながらも筆者の舌がよく動いた。

 
「それにしてもかんなチャン、41歳に見えないよね」 
 
「えー、そうですか?」 
 
「うん。44歳の俺と同じ干支に見えるよ」 
 
「えっ、それってどういうことですか!」 
 
「だから、俺より12歳くらい年下の32歳くらに見えるってことだよ」 
 
「あっ、そ、そうですかぁ」

 
 うーん、よくもまぁ、こんなに舌が動くものだ。


『風俗ライター所沢ショーイチのネットナンパシリーズ 40歳からの素人ハメ撮り~出会い系編~』

不倫SEXって燃えますよね

amazon_associate_logo.jpg


『一条綺美香写真集「KIRARI48」』


最近の熟女は美しい

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週