>   >   > 

AVを実現!? リモコンデンマ『G-Mode TOUCH』で羞恥プレイを実践!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

gtouch0129_02.jpg
小型ライトのような『G-Mode TOUCH』

「クラブに行った時に『G-Mode TOUCH』を腰にぶら下げている男性がいたんですよ。思わず反応したら『知ってる?』って聞かれたので『売ってる!』って答えました(笑)」

 アダルトグッズが数多く発売され、認知度も得つつある今日この頃。グッズをアクセサリーのように見立て持ち歩いている人もいる、と驚愕の事実を教えてくれたのはアダルトグッズを製造するDNA社の美人広報Bさん。さて、そんな日常で持ち歩いても不思議ではない『G-Mode TOUCH』とはどのようなグッズなのだろう。

Bさん「『G-Mode TOUCH』は、電動マッサージ機が小型化したようなフォルムを持つ受信機内蔵型のリモコン電マなんです。全体を見ると小さな電マに見えますが、上部はキャップ式になっており、一回り小さい電マとリモコンに分離します。有効範囲は約7mでこの範囲内ならば振動のオンオフや振動パターンの変更が可能です。誰が持っていてもアダルトグッズとわからない点も含めて大ヒット中の商品なんです。でも、これが電マだってバレちゃっても『ヤダ、不潔!!』とかあからさまな拒否反応を示す人は少ないですよ。ちょっといやらしいなって思われるくらいですし、意外と話すきっかけになったりもするようです」

 気軽に持ち運べ、話のきっかけになるという『G-Mode TOUCH』。同型タイプの色違いはピンク、パープル、ブラックと3種類用意されているという。気になる使い方は、まず本体下部に付いているスイッチを押し電源を入れた後にキャップ式のリモコン上部を押しこむと、振動がスタートするそうだ。変更できる振動のパターンは10種類用意されていて幅広くプレイできる。

gtouch0129_01.jpg
あなたは何色を使いますか?

Bさん「『G-Mode TOUCH』は、受信機内蔵式なので全体の縮小化にも成功しているんです。私はリモコン式のローターはクリトリスに当てるのがいいと思うんですよ。なのでパンツにホイッと入れられるくらいの大きさの『G-Mode TOUCH』は使い勝手がいいんじゃないでしょうか。生活防水もほどこされ音も小さめなので、屋外で遊んでいるときにバレたりする心配も少ないですよ。ぜひ、使用しながら公園でパートナーと散歩したりしてもらいたいですね」

 最近のカップルは女性が主導権を握っていることも多く、男性に対して使用するなんて人もいるという。前出のクラブで持ち歩いていた男性ももしや使ってもらいたいがために……。男女共に持ち歩ける『G-Mode TOUCH』だが、スムーズにグッズプレイに持ち込めるコツなどはあるのだろうか。

gtouch0129_03.jpg
女性の手にもすっぽり収まる『G-Mode TOUCH』

「オナニーをする子は、やっぱり性に対する関心も強めで、アダルトグッズに興味がある子も多いです。なので、まずはオナニーをするか否かを“知る”ことが大切ですね。その時は、『オナニーする?』って聞くよりも『週に何回オナニーしているの?』とか具体的に聞くほうが明確な解答がもらえちゃったりしますよ♪ 反応が良かった女の子ならば、ファンシーなキャラクターをモチーフにした小さなマッサージャーも販売されているし、あげても笑って許してくれる可能性が高いのでは?」

 自慰経験があることを前提に質問し反応が良ければ、可能性は大ということか。リモコン式ローターを使用した羞恥プレイもののAVは、需要があるためか途絶えることなくリリースされている。男性ならば一度は試してみたいと思ったことがある人もいるだろう。『G-Mode TOUCH』でパートナーを羞恥プレイに誘ってみてはいかがだろうか?
(文=南はにわ)

cyzo_bn_5000129.gif
ご購入はこちらからどうぞ
『G-Mode TOUCH Black』


リモバプレイを体感せよ!

amazon_associate_logo.jpg




今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS