>   > 

カメラマンは「ポロリ」拝み放題、ヤリ放題!? 役得カミングアウトしたTV番組の波紋


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

※イメージ画像:『AKB48総選挙!水着サプライズ発表2010』
集英社

 12日に関西ローカルで放送されたあるバラエティ番組の内容が、アイドルファン、特にAKB48を愛するファンたちの中で物議を醸している。件の番組は今田耕司の冠番組『今ちゃんの「実は…」』(朝日放送)。番組後半で“男の憧れ職業”であるグラビアカメラマンの門嶋淳矢(かどしま・じゅんや)氏がスタジオに登場したのだが、「グラビアカメラマンになって良かったことは?」などの質問に答えた場面が切り取られ、ネット上で話題になっているのだ。

 ひな壇のお笑い芸人たちが「グラビア撮影で起こるラッキーハプニング」について質問し、門嶋氏は「撮ってる最中に(乳首がポロリしたり)そういうこともありますね」「(ハプニングショットの)メモリーは消さないです」と発言。その前に今田と小藪一豊が「AKBの子も(胸を)寄せすぎて何か飛び出してるみたいな」「AKBのチークービーがね」「トービーディー」などと会話した内容がテロップで出ていたため、ネット上に切り貼りされた画像を見て「AKBの乳首がポロリしたのか」「AKBのポロリ画像を保存しているのか」と誤解が広まったようだ。実際には、門嶋氏がポロリを拝んだのは、名前こそピー音で伏せられたが「人気美形巨乳アイドルさん」だそうである。寝そべったポージングで腕を上にあげた拍子に「ポロンと」こぼれたようだ。

 AKBのポロリでないとはいえ、アイドルの秘密の突起を仕事で拝見できるというのは、確かに羨ましい。ただ、門嶋氏は「国民的なアイドルの方とかと近い距離で撮れるのは嬉しい。撮っててヒジが当たるとかヒザが当たるとか」「やっぱり(アイドルの)近くに寄りたくてこの仕事をやってるってのもあるんで」「普段でさえ普通の女の子の近くにいけないのに、アイドルの近くに寄れるというのは夢のような話」と興奮気味に役得を明かしてもいた。さすがに「仕事」として接しているカメラマンにこのような“下心”を抱かれてはアイドル側も困ってしまうだろう。しかしアイドル側もまんざらではないらしい。

 続いてサバンナ・八木が「二人きりの撮影って具体的に何が行われているのか?」と質問。グラビア撮影の際、マネジャーやヘアメイク、アシスタントも席を外し、アイドルとカメラマンが二人っきりでスタジオに籠もることがあるが、そのとき一体、中では何が行われているのか? 門嶋氏からは、

「ぶっちゃけ言うと、触ってますね」

 と、衝撃的なカミングアウトが飛び出した。先述のようなボディタッチをより多く行うそうで、基本的にはアイドル側にイヤがられたことはないという。「どこまでイッた(触った)ことがあるんですか?」と聞かれ、「なんなら撮らないでカメラを置いて触ったり」とも。芸人たちは「その時間があってこそのエロい写真や」「演出のためやな」とフォローしていた。

 さらにサバンナ・高橋が「実際、アイドルの子とペロンチョする関係になるということはあるのかないのか」と問うと、「まああります」とこれまたぶっちゃける門嶋氏。アシスタント時代、写真集のロケを敢行した最終日に打ち上げでカラオケに行き、アイドルの方からキスをせがまれたのだという。いわく、「アシスタントの方がカメラマンより(ペロリンチョの)確率が高い」「カメラマンは怖い存在になっちゃうこともあるんですね、でもアシスタントはそこでフォローしたりするので優しく見える」のだそうである。

 門嶋氏は「ヤングマガジン」(講談社)や「SPA!」(扶桑社)などで主に仕事をしているといい、NMB48山本彩表紙の「ヤンマガ」や、AKBメンバー4人が表紙を飾る「アサヒ芸能エンタメ!」(徳間書店)が紹介された。彼に限らず、一部のグラビアカメラマンは役得としてポロリやペロリンチョを経験しているのだろう。巨乳アイドルとして一世を風靡したMEGUMIや杉原杏璃、西田麻衣なども、バラエティ番組やイベントで「撮影中に乳首が出てたことはある」と話したことがある。グラビアで小さい水着を着る際はニップレスをつけて撮影に臨むのが普通だが、あえてつけずに挑む場合もあるということなのだろうか。

 ただ、アイドルとの「ペロリンチョ」が表沙汰になり波紋を呼んだケースもある。2006年に、当時19歳だったグラドル・川嶋じゅん(現在は改名して深山あすか)が、イメージDVD撮影中にカメラマンにレイプされ「ハメ撮り」していたことをブログで告発したのである。このカメラマンは当時所属していた芸能事務所の社長でもあった。社長は「撮影中に彼女とセックスしたのは事実」「臨場感を出すため」「感じてる表情を撮るため」とこれを認めたが、「もともと男女の関係だったし、撮影中は彼女もノリノリでした」と釈明している。この作品は『じゅんの放課後Part3』というタイトルでリリースされたが、確かに本番行為を思わせるような生々しい喘ぎ声が収録されている問題作だ。告発されていないだけで、他にも同様の“ハメ撮り”イメージビデオが流通しているのかもしれない?


『はるな愛ファースト写真集』門嶋淳矢


門嶋さん、愛ちゃんに口説かれてたり(笑)

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週