>   > 

【フィリピーナの魅力】締まる貞節なおま●こ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※イメージ画像 photo by Asian.Impression from flickr

フィリピン在住・ことぶき太郎が綴る、フィリピーナの魅力発見
「快感体験観察日記第13弾!」

 貞操とか操とかいう言葉は、もう耳にしなくなって久しい。

 貞操とは性的純潔、つまり処女や童貞を守ること。英訳は、Chastity。これには、洗練・簡素・無飾という意味もある。貞節や操は、固く守って変わらない志・主義主張という意味だ。

 え~と、これはピーナの話であって、国語や英語の時間ではない。何が、言いたいのかというとだな。日本語は言葉が多すぎ、漢字が多すぎ、解釈が多すぎるということだ。ピーナと全然関係ないと思うだろうが、おおありである。

 日本のオンナは(オトコも)、言葉と解釈の被害にあって、考え過ぎだってことが言いたいのだ。
理屈をこねて、自分を理解させて納得したつもりでいる。

 ピーナは考え過ぎない。単純明快。心と頭の中は、いたってChastityである。貞節でもある。

 誰に対して? …もちろん、自分自身に対してである。

 自分自身に対して、自分自身の主張を通すのがピーナだ。だから、ワガママともとられるし、意地っ張りで頑固な奴だとも、思われがちだ。

 半年ぐらい前、ピーナにカラオケボックスで乗りかかられたことがある。29歳という、一番脂がのってジューシーで、一番やりたがる美味しい年頃のコだった。

 2、3曲歌ったあと、オレは次の歌を探していた。彼女は一曲歌っただけで、なぜか俺を見る目が潤んでいた。

 と、眼が合った瞬間、すばやくオレの膝上に跨り、半ば強引にキスを迫ってきた。

(まさか、ここでやる気じゃねえだろうなぁ。)

 個室の入り口のドアには小さな窓があった。ここで、抱き合ったり弄くりあったり、ハメハメする奴はいないだろう。

 ところが、彼女はキスの後、オレのジーンズのジッパーに手をかけ、中から黒なまこを引き出し、口に含んでしまった。荒い息を吐きながらの、すばやい動きだ。

 抵抗しようと思えばできた。だけど、身体はガンジー主義を貫き無抵抗のままだった。黒なまこは、いやいやするように首を振るだけで、なかなか固くならない。

 オレは適当に選曲してボタンを押したが、ドアの窓が気になって仕方がない。鍵もかからない。彼女は、なまこから口を放さない。ちゅぱちゅぱと音を立て始まった。

 柔らかな唇が、亀頭のカリ首をスポスポと音を立てて刺激し、吸い続ける。黒なまこは、カリを刺激されてゆっくりと立ち上がる気配を見せては、ドアを気にして縮む。その繰り返しだ。

 それもまた、気持ちがいいのだけれど……

「出よう」

 オレはそう言って、黒なまこをなだめてジッパーを上げた。

 そして、近くにあるホテルへ直行。

 彼女は、シャワーも浴びずにオレのジーンズとブリーフを剥ぎ取り、黒なまこへ“口激”再開。ベッドへ押し倒されたオレは、なすがままだ。

 彼女は、ちゅぱじゅばっと音を立てて、激しい首振り運動をしながらTシャツを脱ぎ、ブラをはずした。おわんを伏せたようなおっぱいが現れた。乳首がやや濃い茶褐色だ。

 そう、彼女には3歳になる子供がいる。田舎の母親が育てているという。カラオケバーに勤めていて、オレと知り合い2度目のデート。食べる前に、食べられてしまった。

 首振り運動は続いている。彼女は自分のジーンズを器用に脱ぎ去り、小さなパンティーを脱ぎ、ベッドの脇へ放り投げた。


『大人になったらセンタービレッジ。男優が選んだ名器女優ベスト10』


お手合わせ願いたいものです

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週