>   >   >  血まみれのフライデー

【ネットナンパ】血まみれのフライデー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

Illustrate by ながおか

 土日祭日と関係なくエロ記事を書いて糊口を凌いでいる筆者だが、やはり金曜日の夜は心がうきうきしてしまう。いわゆる華の金曜日“ハナキン”ってやつで街が賑やかになるし、休日の前なのでハメを外す女性も増えるからだ。

 バブル華やかなりし頃は“ハナキン”どころじゃなく、“ハナモク”なる言葉も存在していた。金曜日は勢いで乗り切れてしまうから木曜日も夜更かしして遊んでしまおうという風潮すらあったのだ。

 しかし、最近は“ハナキン”という言葉を聞く機会がほとんどない。若い世代にとってはナニソレ状態で、もはやオヤジ・オバサン世代にしか通じない言葉なのかもしれない。

 
———————–
今から飯田橋集合! 
 
金曜日だというのに、やっと仕事終わりました。
このまま帰宅するのは淋し過ぎるぅ! 
 
というわけで今から飯田橋に来れる人、いませんか?? 
 
エッチの欲求を発散したいから、攻め好きな人がいいな。 
 
あ、彼氏募集とかじゃないんで割り切りでお願いしますね。 
 

書込み日時:9/1* 21:16
受付メール数 :0/無制限 
 
♀ケイ
20代後半
~149cm
———————–

 
 金曜日の夜のことである。池袋で風俗店の取材を終えて山手線で新宿に向かっていた筆者。車内でいつものように【ワクワクメール】を確認していると、こんな書き込みを発見した。

 飯田橋で募集する女性は非常に稀なので、この書き込みはとても目立っていた。ケイちゃんは写メを公開していなかったが、これも何かの縁と思い早速アタック開始。

 
———————–
こんばんは、ケイさん。
都内でWEBデザイナーをしているショーイチ39歳です。 
 
ちょうど今仕事が終わったところなんです。
飯田橋ならスグに行けるので、良かったらお会いしたいです。 
 
詳しい希望とか条件とか教えてもらえると助かります。 
 
お互いに楽しく気持ち良い時間を過ごしたいですね。
———————–

 
 メールを送り終えるとほぼ同時に電車が高田馬場駅に到着した。もし飯田橋に向かうのなら、この駅で乗り換えるのが最短だ。瞬時にそう判断した筆者は電車を降り、ホームで返信を待つことにしたのである。

 手持無沙汰のままホームで待つこと数分。ケイちゃんよりメールが届いた。

 
———————–
メールありがとうございます。 
 
飯田橋にはどのくらいで来れますか?
———————–

 
 なんともそっけない文章である。ちょっとイラっとしてしまったが、大人の対応でメールを返信。

 
———————–
いま高田馬場なんで、10分ほどで到着可能ですよ。
———————–

 
 筆者からの返信メールも短文だが、この場合はスピードを優先した格好だ。このレスポンスの早さのおかげだろう。そこからサクサク話がまとまり、待ち合わせの約束が成立したのであった。

 JR山手線から地下鉄東西線に乗り換え、約束の時間3分前に飯田橋駅東口に到着。金曜日の夜だけあって駅の周辺に人がたくさんいる。さっそく「着きましたよ」とメールを送信する筆者。すると、スグにケイちゃんより返信が届いた。

 
———————–
私も東口にいますよ。 
 
非通知でもいいので電話してもらえますか? 
 
090********
———————–

 
 いきなり電話番号を知らせてくるケイちゃん。まぁ、たしかにこのほうが確実に落ちあえそうだ。非通知でもいいと彼女は言うものの、男としてはそんな卑怯な真似(?)はできない。

 番号通知のままケイちゃんに電話した。

 
「もしもし、こんばんはショーイチです」 
 
「あ、どうも」 
 
「いまどこにいるのかな?」 
 
「えっと、ガード下なんですけど」

 
 電話をしながらガード下に目を向ける。すると、駅の改札方向に顔を向けながら電話を耳に当てている女性を発見。

 
「あ、もしかしてグレーのスーツを着てる?」 
 
「は、はい」

 
 スタスタと会話しながら彼女に近づいていく筆者。電話を持ったまま、直接ケイちゃんに語りかけた。

 
「おまたせ。ケイちゃんだよね?」 
 
「はい」 
 
「こんばんは、ショーイチです。こんなんだけど、いいかな?」 
 
「は、ハイ」

 
 こうして無事に合流することができた。ケイちゃんの見た目は、女子アナの内田恭子とPerfumeの“のっち”を足して2で割ったようなファニーフェイス。剥きたてのゆで卵のようにツルンとしたおでこが滅茶苦茶キュートだ。

 小柄なケイちゃんはヒールの靴を履いているにも関わらず身長が150センチほど。小さくて可愛らしいお人形さんみたいなのに、地味なグレーのスーツとは! そのアンバランスさにむくむくと劣情が湧きあがってしまう。

 さっそくいつものようにホテル街へエスコートしようとする筆者。だが、ここにきてハタと気付いた。“あれ? 飯田橋にラブホテルなんてあったっけ?”と。

 そう、考えてみれば飯田橋で待ち合わせすることが初めてだったのだ。電車で移動中にアポ取りしてそのまま待ち合わせしたので、グーグルマップで下調べするヒマもなかった。

 ここで格好つけても意味が無い。正直にケイちゃんに伝えることにした。

 
「じつは俺、この付近で全然遊んだことないんだ。ホ、ホテルとかこの辺にあるのかな?」 
 
「あ、そうなんですか。大丈夫ですよ、歩いて3分くらいのところにあるの知ってますから」

 
 というワケで、ケイちゃんに先導してもらう形でホテルへと向かうことになった。


『風俗ライター所沢ショーイチのネットナンパシリーズ 40歳からの素人ハメ撮り~出会い系編~』

生理でも引かないトコショーさんに感服!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週