>   >   > 

「中出しセックスに興じる女性は鬱になりにくい」驚愕の研究結果に再注目!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

nakadashijoshi0620.jpg
※イメージ画像:『TENGU2012年4月号』/ジーオーティー

 ニューヨーク州立大学アルバニー校に在籍する心理学者、ゴードン・G・ギャラップ博士が、性科学の学術誌、 『Archives of Sexual Behavior』 に出版した研究論文「Does semen have antidepressant properties?(精液には抗鬱性特性があるか?)」が再注目されている。

 出版された2002年当時より、女性の社会進出が格段に増えた現代日本では、鬱などの精神疾患に悩める女性も多くなってきた。「心の風邪」と呼ばれるほど誰にでも罹る可能性のある鬱だが、ギャラップ博士は「中出しセックスする女性は鬱になりにくい」と結論づけている。

 彼の研究テーマは、膣内で放出される精液が女性の心理に与える影響で、293人の女子学生の性生活と精神状態について調べたところ、中出しセックスする女性は、コンドームを使用する女性や性交渉をもたない女性に比べて、鬱になりにくく自殺しにくいという。

 また、日頃中出しセックスをしている女性は、セックスしない期間が長くなればなるほど、気分が徐々に落ち込んでいったり、自分から誘ってセックスしたり、男性と破局した場合はすぐさま次の交際相手を求めようとする傾向が強いことも判明した。ちなみにこれらの傾向は、コンドームを常用している女性には現れなかったという。

 さらに、精液にはテストステロン、エストロゲン、プロラクチン、黄体形成ホルモン、プロスタグランジンなどのホルモンが含まれている。確かに、これらのうちのいくつかは女性の膣壁から吸収され、気分を高揚させることも知られている。

 以上の発見からギャラップ博士は、「精液には、強力で中毒性(常習性)のある向精神薬の働きをするものが含まれている」と結論づけている。

 つまり、中出しセックスに興じる女性は、精液から受ける高揚感と禁断症状による落ち込みはあるものの、それゆえに精液中毒に陥りやすく、セックスに貪欲になるというのだ。

 セックスの快楽とともに背徳感や征服欲まで満たされる「中出し」という行為。それが鬱に効くなら何発でも中出ししちゃうぞ、というのは早計である。「中出ししちゃった……妊娠したらどうしよう」と男性が鬱になる可能性も大いにあるので、「中出ししちゃったあとの言い訳に使える!」と一瞬でも思った男性諸君は注意が必要だ。
(文=三坂稲史)


『精液汚染依存症女子の記録―唇と柔膣と肛門をザーメンに汚される快楽に支配された乙女たち』

ザーメンあればなんでも出来る!?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週