>   > 

メンバー同士の濃厚キスでお茶の間が凍りつく!? AKBのエロすぎる新CM


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  

※イメージ画像:左『前田敦子 2011年 カレンダー』、右『柏木由紀 Love Letter』より

 AKB48が出演しているUHA味覚糖のグミ入りソフトキャンディー「ぷっちょ」の新CM「リレー」編が15日に解禁される。「ぷっチュ」という掛け声で横に並んだメンバーたちが口移しで、ぷっちょをリレーするという大胆な内容。

 前田敦子、大島優子、篠田麻里子、渡辺麻友、柏木由紀、板野友美ら人気メンバーが、禁断のレズシーンを披露するかのように口移しの際に唇が触れてしまう部分が見どころ。メンバー同士のキスは、ヒット曲「ヘビーローテーション」のPVでも披露されているが、今回のCMはそれ以上のエロさが醸しだされている。

 一足早く公開された動画や場面写真を見たファンたちは「優子のキスがエロすぎる。さすがエロ担当w」「あっちゃんの目が色っぽい。俺もぷっちょを口移しで食べてえ!」「むしろ、ぷっちょになりたい」「まゆゆのキスがぎこちなさすぎる。確実に処女」「ディープキスしてるみたいだな。確実に舌入ってるだろ」といった興奮混じりの感想をネット上に書き込んでいる。

 その一方で、このような批判的な意見も挙がっている。

「エロすぎて、家族で見てたらドン引きするだろ」

「話題づくりが露骨すぎてキモい」

「エロいというより下品。AKBのイメージが落ちるのでは」

「ここまでしなくても、ぷっちょ買うわ」

 AKBは国民的アイドルグループでありながら、エロ路線にも果敢に挑戦する姿勢を崩そうとしない。"AKBのエロ番長"こと大島優子はドラマで処女喪失シーンを演じたりPVで風俗嬢役に挑んでおり、エースの前田敦子は16日に発売される写真集『不器用』(小学館)で手ブラや半ケツを披露している。

 傍目から見れば、今のAKBが開拓すべきターゲットはアイドルファン以外の一般層のように思える。わざわざ溝を広げるようなセクシー路線を突き進む必要はないように思えるが......。

「プロデューサーの秋元康氏は、アイドル人気の旬の短さを嫌というほど知っています。清純路線でいっても、一般層からの人気は移ろいやすいですから、数年と経たずに人気は落ちてしまう。それよりも、色っぽさを出せば大喜びするアイドルオタクを離さずに地盤を固める方が賢明だと判断しているのでしょう。それに『わたしと赤ちゃん作らない?』という刺激的なコピーが物議をかもしたAKBオフィシャルプロバイダの広告のように、、過激な企画を続けて提供することで話題を絶やさないことが人気持続の秘訣です。メディアに出続ければ、ずっと人気があるように視聴者は錯覚するものです。このあたりの戦略も、大手代理店や各メディアと蜜月関係である秋元氏ならではですね」(芸能関係者)

 エロすぎると批判されることも計算のうちということか。秋元氏がプロデュースし続ける限り、AKBの過激なセクシー路線は今後も期待できるようだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

『前田敦子写真集「不器用」』


人気絶頂だからこそ意味のある手ぶらヌード!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週