>   >  「存在自体に問題がある」 あやまんJAPAN、下品すぎて右翼から抗議!?

「存在自体に問題がある」 あやまんJAPAN、下品すぎて右翼から抗議!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

 「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」のフレーズが子どもや女子高生に大人気の女性グループ・あやまんJAPANが、何と右翼から街宣をかけられたと「週刊実話」12月1号(日本ジャーナル出版)が報じている。10月下旬に目黒の所属事務所前で、ある政治結社が「あやまんは『JAPAN』と名乗るなー!」と猛烈な抗議をしたという。

 同誌によると抗議の発端は、下品なネタで知られるあやまんのメンバーたちが、テレビで教育について語ったことだという。実は中心メンバーの3人は高学歴といわれ、普段はイベントコンパニオンとして働くリーダー・あやまん監督は中央大卒、おっぱい担当のファンタジスタさくらだは桐蔭高校から慶応大を卒業、お尻担当のルーキタエは東京外語大卒という才女ぞろいであることが、ネット上で暴露されている。教育を語るには申し分ない経歴なのだが、普段はテレビに出れば下ネタのオンパレードなだけに、イメージが悪かったようだ。

 そんな彼女たちの明るいキャラクターが子供たちにもウケているわけだが、悪影響を心配して快く思わない人達も多いのだろう。さらに、あやまんJAPANは、サッカーの「岡田JAPAN(当時)」、野球の「侍JAPAN」と並ぶ「日本3大JAPAN」の一つであると自称している。これも国粋主義の人たちの逆鱗に触れたのかもしれない。

 抗議活動をしたという横浜市の政治結社の代表は、同誌のインタビューに「人の頭にまたがったり、股ぐらを広げてみせたり、公共の電波で流すことですか? 私にも子どもがいるんですが、さすがに見せられないですよね」「ちょっとくらい眉をひそめたくなる芸人は他にもいますが、彼女たちはあまりにも倫理に欠けているというか、ひどすぎるでしょう」と抗議理由を説明。彼女たちに直に叩くよりも、所属事務所に抗議することで芸風をあらためさせようとしたようだ。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週