>   > 

【連載】本多圭のオトコとオンナの芸能恥話

加護亜依が完全否定するAV出演の可能性は? 契約上のオーナー直撃取材


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

kagoai0715.jpg
※画像は『加護亜依写真集 「LOS ANGELES」』より

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、芸能界の裏側に横たわるオトコとオンナの深い業を掘り起こします。

 元「モーニング娘」の加護亜依の愛人で、飲食店プロデューサーのAによる事務所の引き抜き騒動については、当コラムでも書いた。これに関して、加護の契約上の所属事務所のオーナーである伊藤和之社長に聞くことができた。伊藤社長は開口一番「(加護の引き抜きを)裏で糸を引く、芸能界の実力者を絶対許さない」と激怒していた。

 加護は、元歌手の華原朋美と約5年間同棲し、彼女にDVを振るっていたAと昨年の夏に知り合って、同棲。理由もなく仕事をドタキャンして、所属事務所からの移籍を画策した。背後には芸能界の実力者の息子がついていた。2人の関係を知る中堅プロオーナーは「2人は毎日のように連絡を取り合っている遊び仲間ですよ」と言う。

 このオーナーによれば、Aは詐欺師のような男で、口の巧さで、あちこちから借金。返済のために華原の歌手復帰を実力者の息子と画策したが、前事務所との契約問題がクリアされておらず、失敗に終わったという。その後、目をつけたのが加護というわけだ。移籍画策を後押ししているのが、実力者の息子だという。

 伊藤社長の事務所には過去に、セイン・カミュとボビー・オロゴンがいたが、2人とも移籍問題で事務所と衝突している。このときの移籍トラブルのバックにいたのが、実力者だったというから驚きだ。筆者の記憶では、この実力者、その昔、森進一が「渡辺プロダクション」から独立したときに、森を業界から追放した日本音楽事業者協会の中でも、急先鋒の一人だった。また、タレントの移籍問題にも毅然と反対するプロダクションオーナーだ。ところが、裏では音事協に加盟していないプロダクションからのタレントの引き抜きをするなど、暗躍してきた。しかし、セインとボビーの移籍問題までかんでいたとは意外だった。加護の引き抜きに直接かかわっているのは息子だが、伊藤社長は「父親が知らないはずがない。これで3度目ですよ。許せませんよ」と言う。

 しかも、筆者の取材によると、Aは暴力団関係者からの借金の返済に追われている。

 そこで、金になる加護に目を付けたというのが真相ではないか。引き抜き騒動が持ち上がる前から、加護には映画出演のオファーが数社から来ていたという。すべて、話が決まれば、8,000万円近いギャラが入ってくることになっている。さらに、加護にはAV女優転身の情報もある。AV関係者に聞くと、もし加護がAVに出演するなら、1億円以上のギャラを出すAVメーカーが数社あるという。

 伊藤社長は「Aが金のために加護をAVに売り飛ばすんじゃないかと心配なんです」と危惧する。それだけに、Aと一日も早く、話し合いをしたいという。ところが、最近になって、Aとはパタッと連絡が取れなくなったという。

「引き抜きの裏に実力者とその息子がいることがこちらに分かってしまったんで、話し合いのテーブルにつくのが恐くなったんだと思いますよ」

 取材した限り、Aと息子の評判は最悪だ。加護は、これ以上、芸能界の道を踏みはずさないよう早く目を覚まして欲しい。
(取材・文=本多圭)

『AI KAGO meets JAZZ』


Ai Kago meet AV?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週