>   > 

エリカ様の新恋人(?)も

大麻栽培で生活する人々


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

mnow.jpg
※画像はイメージ 「マリファナ・ナウ―意識を変える草についての意識を変える」第三書館

 離婚騒動の渦中にある沢尻エリカ(24)の新恋人として浮上したバルセロナ出身のスペイン人・セルヒオ氏(29)。沢尻は先月28日に行われた「たかの友梨ビューティークリニック」新CM発表記者会見にて、「面識はあるけど、彼が一体何をしている人なのか知らない。 愛人だと言ってましたけど、全くの事実無根」と、不倫関係を否定した。しかし、セルヒオ氏のFacebookには沢尻とのツーショット写真が何枚もアップされており、"事実無根"とするには少々無理がある。仮に相思相愛だったとしても、否定せざるを得ない理由があったのだろう。彼の職業は何と「大麻栽培インストラクター」だ。沢尻の夫でハイパーメディアクリエイターの高城剛氏(46)は、セルヒオ氏を「有名なドラッグの売人」と断言している。実際に、セルヒオ氏は兄弟が経営する大麻ショップで正しい栽培方法や使用法をレクチャーしており、それで生計を立てているようだ。

 スペインをはじめ、イギリスやドイツなど欧州各国では、少量であれば大麻の個人的な使用は認可されており、スペインでは2006年に大麻種子の販売も合法になった。大麻そのものの販売は違法だが、種子から育てることに関しては、プライベートな空間や自分の土地であれば認められている。

 そのため、大麻種子を扱う店や上手に育てるためのアドバイスをする大麻栽培インストラクターといった職業が成り立つのだ。売買においても個人間であればバレることは少ないらしく、大麻を栽培して販売する個人業者は増加中だという。

 欧州各国だけでなくアメリカの各州などでも大麻合法化が進んでおり、日本人の常識から考えると驚いてしまうが、これには二つの大きな要因が存在する。

 まず一つは、医療大麻の合法化の流れ。

 大麻の有効成分「THC」には、エイズ患者の食欲増進やガン治療における吐き気の緩和などの作用があることが確認されており、抗ガン作用や緑内障患者の眼圧緩和などの作用があるという研究報告も存在する。

 そのため、医師の処方によって薬局で大麻を購入できるようにする法改正が各国で進んでおり、そうなるとどこで何目的で買ったものかまでは警察も追及していられないため、実質的には個人の大麻使用が全て合法になるのだ。

 そしてもう一つはハードドラッグの蔓延。大麻合法化に至った国々では、大麻よりも遥かに強力なハードドラッグ(コカイン、ヘロイン、覚せい剤、LSDなど)が蔓延している。こういった強力な薬物に手を出さないようにするため、比較的ソフトな大麻を認めているのだ。これには、分散しがちになる警察の薬物捜査をハードドラッグ犯罪に限定することで、元締めであるマフィアの資金源を断つという狙いもある。

 世界的には合法化の流れとなっている大麻だが、日本では大麻取締法によって栽培や所持が禁止されている。日本では工業用の麻を栽培する農家は昔から存在するが、当然ながら一般人が育てるのは違法行為。だが、日本で大麻栽培で生計を立てるは無法者は少なからず存在する。

 最も多いタイプは、マンションの一室で太陽光代わりの照明灯や空気を循環させる送風機、温度計、湿度計などを駆使して栽培する方法。このように生育環境を厳重にチェックすることで、THC濃度が異常に高まり、屋外での自然栽培よりも効果の高い大麻を育てることができる。

「クラブや外国人から買えるようなクサ(大麻)は、クズ同然のものが多い。室内で高THCの品種を水耕栽培したものがベスト。効き目がケミカル(LSDやMDMAなど化学合成されたドラッグ)並みだよ。あれを体験しちゃうと、海外から流れてくるクサなんてバカらしくて吸えなくなる」(大麻常用経験のある人物)

 また、河川沿いや山中などで自然栽培する方法もいまだ盛んであり、東京都を流れるT川の河川敷は隠れた大麻栽培のメッカとも言われる。

 国内で種子から高濃度の大麻を栽培すれば、高く売れることは間違いなく、犯罪に手を染めるものが後を絶たないのも仕方ないのか。

「高品質な大麻を栽培するための生育環境を整えるのは、並大抵の苦労じゃない。温度や湿度、照明が適切かどうか常にチェックしながらの生活だから、いつも気が気じゃないよ。タイマーを使ったりすることもあるが、完全には信頼できないから遠くに出掛けることもできない。それだけじゃなく、信用できる友達に売るだけじゃ儲からないので、一見の客も相手にするようになるから、いつか逮捕されるんじゃないかと部屋のチャイムにもビクビクするようになった。でも、初期投資はバカにならない額だし、最低でも元を回収するまでは続けなきゃならないから、やめたくてもやめられない地獄の日々だったよ」(大麻栽培経験者)

 日本での大麻栽培ビジネスには、違法行為だという大前提のリスクがあるだけでなく、それなりの苦労が伴うようだ。どう考えても割に合う仕事とはいえないだけに、決して興味本位で手を出すべきではないだろう。
(文=ローリングクレイドル)

「ヤバイ植物の育て方」


決しておすすめするものではありません

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週