>   >   > 

いよいよ明日(9月4日)公開!

「日雇いでセックスを売る女たち」を生々しく切り取った映画『名前のない女たち』公開! 原作・中村淳彦×監督・佐藤寿保クロストーク!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

NOIMG_7913.JPG
左:原作者・中村淳彦氏、右:佐藤寿保監督

 星の数ほどに生まれては消えていく企画AV女優たちの儚くも生々しい素顔にせまったインタビュー集『名前のない女たち』(宝島社)シリーズがこのほど映画化。その公開に先立ち、今回のヒロインである企画女優と、彼女たちを取りまくアダルティな世界を大いに語ってもらうべく、メガホンをとった佐藤寿保監督と、原作者であるフリーライター・中村淳彦氏にご登場いただいた。"エロ"を主戦場としてきた男たちのみぞ知る、R指定クロストーク......ここに解禁!!

2010090318FL.jpg
映画『名前のない女たち』イメージビジュアル
(C)「名前のない女たち」製作委員会

【難航したオーディション】

中村 それにしてもヒロインの2人はかわいかったですよね。特にルルちゃんのほう(=安井紀絵)なんて、よく見つけられたなと。

佐藤 それは監督にとってはいちばんうれしいお言葉ですね。ぶっちゃけた話、今回のキャスティングはずいぶん難航しましたから。

中村 やっぱり脱ぎがあるから?

佐藤 脱ぎもそのものより、「企画AV女優」って題材だけでもうNGってプロダクションも多くてね。で、オーディションをやろうってことになって......集まったのは2万5千人くらいだったかな(笑)。

中村 (笑)。初めてとは思えない華と演技力がありましたよね。オーディションだけで、この子はイケるぞってのは分かるもんですか?

NNIMG_7761.jpg

佐藤 芝居の素質っていうか、勘のよさってのは、話してるだけでなにかしら感じるところがあるんだよね。綾乃役の佐久間(麻由)はある程度、経験もあるから予想はできたんだけど、安井の場合は映画自体も初めて。でも、芝居をやってもらったら台本以外のリアクションがとても面白くてね。他にもグラビアやってる子だとか、他の作品で主演やった子だとかもたくさんいたけど、最終的には他のプロデューサーとも全会一致で彼女に決めたんです。

中村 下世話な話ですけど、あらかじめハダカを知ってないと、いざ本番で脱がせてみたら垂れチチだったなんてことも考えられますよね。AVだと事前にぜんぶ見るんですけど、まさか映画女優をオーディションで脱がすわけにもいきませんよね?

佐藤 傷とか刺青とかは自己申告で事前に分かるし、そこは見せないように撮ることもできるしね。ただ、今回の場合は昨日までOLやってた子がスカウトされてこっちの世界に来てしまうっていう話だったから、そこらへんの昭和の香りのする生々しさや飾り気のなさが、逆に素人っぽくて新鮮ってのはあったよね。

中村 それは思いました。安井さんと佐久間さんは、ルックスとか体型とか演技できない部分も含めて、きわめて企画女優的でしたし。最後のふたりがぜんぶ脱ぐシーンなんか、監督はここまでこだわってるんだって驚きましたもん。

佐藤 (笑)。

20100903NN2.jpg
自分を偽りルルを演じる純子と、それに露骨な嫌悪感を抱く元ヤンの綾乃。ふたりは次第に心を通わせていくがやがて......。
(C)「名前のない女たち」製作委員会


【原作のもつ生々しい質感】

佐藤 ところで、俺も一時期、AVを撮ってたことがあって、現場で実際使ったことのある子が、原作のなかに出てたりもしたけど、ああいうディープな部分ってのは、個人的に親しくならないと聞きだすのもなかなか難しいんじゃない?

中村 いや、むしろ逆なんですよね。親しい人には隠したいこともあるだろうし、取材者と取材対象が適度な距離感と緊張感が保てていないと欲しい情報は得られない。記事として成り立たせる以上は、絶対に親しくなっちゃいけないんです。同情して福祉的な気持ちで必要以上に入りこんじゃうと、負の世界に持っていかれちゃいますから。

佐藤 なるほどね。俺たち作り手にも、女優と親しくなると引きずっちゃて、うまくいかなくなる部分はあるしな。まぁ、なかには深い関係になっちゃう監督さんもいるんだけど、俺なんかは深みにハマっちゃいかんっていう自己規制があって、いまだに女性は怖いって気持ちはあるもんね。

NNIMG_7812.jpg

中村 本当に怖いですよ。それまでの生活、健康、財産をすべて失う可能性があるから。僕の場合は、AV世界の否定から入っていて、できることならAV女優なんてしないほうがいいって考えだったんですけど、取材を続けるうちに迷いが生じてきて、だんだんとAVは女の子たちの欠落した部分の受け皿だと思うようになって......。できればそんな仕事はしないほうがいいんだけど、ないものを埋めてくれる場所だから本人たちにとってはなくてはならないものだし、失うことが恐いんですよね。

佐藤 そういう中村さんの方向性が深まっていく感じは、読んでても分かりましたよ。最終章なんかはとくに作者自身の色味が強く出てたもん。

中村 最後のほうは、本当にキツかった。AVを肯定するだけでもキツかったのに、その人の死の決断までを肯定せざるを得なくなって、もう限界だなって思いました。

佐藤 だから正直、最初は弱りましたよ。インタビュアーである中村さんの視点も含めて、むきだしになってる部分にどうやって映画的な嘘を上手についていこうかって。

中村 僕もそこは気になるところだったんですけど、できあがったものを観たら、そのへんのプロダクションの話をそのまま切り取ったような、とても現実的な話になってて驚きました。さすがです。


【衰退する"エロ"の行方】

中村 AVは、2000年を過ぎたあたりから作品が猛烈なスピードで消費されるようになって、いまやタイトルに"芸能人"がつかないと売れないとかそういう危機的状況にまでなっちゃってるんですよ。女の子にしても、仕事の総量は激減しているのに志願者は増えつづけているから、レベルがどんどん上がって、リストカットしているような子は競争の段階で弾かれてる。もはや単体どころから企画女優でさえ、競争に勝つことを必要とされるわけで、僕がやってきたこの企画そのものがもう成立しなくなってるっていうのが現実なんですよね。

20100903NN.jpg
事務所の社長の思惑に乗せられ、人気者となった純子はさらにハードな作品への出演を了承するが......。
(C)「名前のない女たち」製作委員会

佐藤 でも、確かに業界全体の浮き沈みはあるんだろうけど、価値観や環境が変わっても、本質的なところでは人間ってのはそれほど変わらないんじゃないかな。俺のような作り手にしても、たとえ観る場所が映画館からネットに移行したとしても、需要は必ずあるってのを信じて、自分のオリジナリティでやっていくしか方法はないわけだしさ。

中村 本質は変わってないにしても、社会的な人じゃないとAV女優にすらなれないってことなんです。僕自身、行くところまで行って崩壊しつつあるAV業界を目の当たりにしてきたから思うんですけど、佐藤監督みたいに自分の姿勢を20年以上も貫けるってのはホントにスゴいことですよ。

佐藤 まぁ、俺自身がそういった波に乗れてないっていうか、つねに緩やかなところにいたっていうのもあるだろうけど、業界に入ったときに先輩方から言われた「不幸な時代に入ったね」なんてセリフを、この先も俺は若いヤツに吐きたくないってのがどうしてもあるからね。

中村 監督のような熱い方を前にすると、自分はつまんない人間だなぁなんてことをいつも考えちゃうんですけど、自分のやってきたことがこうして映画にまでなったわけだから、その恩恵には感謝しなきゃいけないですよね。今日はありがとうございました。

佐藤 いえいえ、こちらこそ。  

 社会の底辺に置かれた存在としての企画女優を追いかけてきた中村氏と、そんな中村氏の視点に、それでも力強く生きてほしいという願いを込めたという佐藤監督。社会の縮図ともいうべきAVの世界に生きる彼女たちの物語は、非日常的ではありつつも、僕らにも決して無関係ではない多くの身近な問題をはらんでいると言えそうだ――。
(取材・構成=鈴木長月/写真=岡崎隆生)

『名前のない女たち』
9月4日(土)より、テアトル新宿、新宿k's cinemaほか全国順次公開!
オフィシャルサイトはこちら
安井紀絵(新人)、佐久間麻由、鳥肌実、河合龍之介、木口亜矢 
鎌田奈津美、草野イニ / 新井浩文、渡辺真起子 
森山翔悟、大野かなこ、桜井まり、辻岡正人、江面貴亮、田尻裕司、田宮健彦
佐藤ゆりな、安部智凛、本多叶奈、寺田万里子、LUY  

監督:佐藤寿保/原作:中村淳彦「名前のない女たち」(宝島社文庫) 
脚本:西田直子/製作:藤岡修、小林良二、日下部孝一、日下部圭子、原田学  
プロデューサー:高口聖世巨、小林良二、日下部孝一 
アソシエートプロデューサー:日下部圭子、片山宣 
ラインプロデューサー:植田中/撮影:鈴木一博/録音:植田中 
美術:羽賀香織/編集:山仲浩充/音楽:川端潤/メイク:榎本有里 
助監督:躰中洋蔵/制作担当:坂本礼  
主題歌:戸川純「バージンブルース」(テイチクエンタテインメント)
企画・制作:渋谷プロダクション 
製作:ハピネット、渋谷プロダクション、ゼアリズエンタープライズ、マコトヤ
角川コンテンツゲート ©「名前のない女たち」製作委員会  
配給:ゼアリズエンタープライズ+マコトヤ
2010年/日本/カラー/HD撮影/16:9/ステレオ/105分/©「名前のない女たち」製作委員会

『名前のない女たち最終章 セックスと自殺のあいだで』著:中村淳彦

企画AV女優15人の生き様

amazon_associate_logo.jpg

『秘密の花園』監督:佐藤寿保


血と暴力! ピンク四天王の一人!!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週