>   >   > 

メンズサイゾー事件簿

遺体が置き去りのまま使用され続けたラブホテル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

lovehotel0426.jpg
*イメージ画像:『ラブホテル・コレクション―甘い記憶―東日本』(DVD)

 あまり報道されないが、ラブホテルという場所では、いろいろな事件が起きている。デリヘル嬢が脅迫や暴行を受ける事件も少なくない。また、客のトラブルも多いと聞く。そして、時にはとんでもないものが放置されたままになっていることも少なくない。

 1987年12月末、JR蒲田駅からすぐの場所にある某ラブホテルの412号室で、利用客から「変な臭いがする」という苦情がフロントに寄せられるようになった。最初は排水溝か何かが原因だと思われたが、点検しても、とくに異常は見つからない。それでも、臭いは日に日に増していく。臭いの元がどこなのかも、よく分からなかった。

そして、年が明けて88年1月1日の夜のこと、ついに宿泊客からの激しい苦情。

「部屋が臭くてたまらない。帰る」

 そこで改めて室内をくまなく調べてみたところ、深夜になってベッドの下から女性の腐乱した遺体が発見された。遺体はガードルとショーツのみで、驚いたホテル側はすぐに警察に通報。発見された状況から、警察は殺人事件として捜査を開始した。

 その後、殺されたのは都内に住む47歳の女性で、犯人は元交際相手で住所不定の46歳の男だということが判明した。女性は暴力を振るう男から逃げていたが、男から呼び出され、脅されて2人でホテルを転々としていた。そして、88年12月15日からそのホテルに泊まっていたが、16日に別れ話から口論となった。それを根に持った男が、17日の午前中、まだ眠っている女性を絞殺してベッドの下に押し込み、そのまま逃走したという。

 利用客はまだしも、ルーム清掃のスタッフが気づかなかったのかと思われがちだが、実はラブホテルの室内清掃は、非常に迅速に行われる。いちいちベッドの下まで確認することはない。
 その後、遺体が発見される16日もの間、連日少なくとも2~3組の客がその部屋を使用していたという。つまり、遺体の上で、来る日も来る日もセックスが行われていたということだ。事件を知った利用客たちは、果たしてどんな心境だったのだろうか。
(文=橋本玉泉)

『ラブホテル―Satellite of LOVE』著:都築 響一


ラブホの夢は夜ひらく!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週