>   >   >  大人のおもちゃ界の革命店 m’s に元AV女優の峰なゆかが突撃レポ!!

大人のおもちゃ界の革命店 m’s に元AV女優の峰なゆかが突撃レポ!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

ms.jpg(撮影/有高唯之)

 秋葉原駅、電気街口からすぐにそびえる8階建てエロタワー。そこは日本一の売り上げを誇るアダルトグッズ店・m’s(エムズ)です。普段からm’sにグッズを買いに行ってる私、峰なゆかが、m’s社長にお話を伺いました!!

──m’sの秋葉原店は、緑を基調とした爽やかな外観で、とてもアダルトグッズのお店だとは思えない店構えですね。

m’s社長(以下、社長) 一部のユーザーだけでなく、多くの方にアダルトグッズを浸透させたかったので、カップルや女性だけでも入りやすい、明るい路面店にしました。でも出店当初は、都知事にご指摘を頂いたり、ネット上で叩かれたりしたこともあります。それと、今まで2000円で売られてたローターを480円で販売したら、よく思わないお店もあったようです。ですが、これまでと同じことをしていても、一般の方に浸透していかないな、と。

──そういえばm’sって、お店でコスプレを試着してポラを撮ると、割引してもらえるサービスがありますね。女の子が顔出ししてるポラが大量に貼り出されてて、それは従来のアダルトグッズ店のうらぶれた雰囲気の中では、絶対できなかったことだと思うんです。

社長 m’sに来るほとんどの方がポラを撮っていかれますね。最近は『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)でも紹介していただきました。(放送時は)全部モザイクがかかってましたけど(笑)。それでも昔よりはこの業界も一般に開けたかな、と思います。

──秋葉原特有の売れ筋商品はなんでしょう?

社長 (独身男性が集まるという)土地柄か、オナホールは売れます。今は全体の売り上げの6割を占めてますので、売ってて「日本は大丈夫なのだろうか」と心配になる時もあります(笑)。

──そういう話を聞くと、女としての自信がなくなってくるんですよね……。自分でTENGAに指を入れてみても、完全に負けてるなって思いますもん。

社長 機能性で女性を超えてるかもしれませんね(笑)。

──「そんなことないですよ!」って言ってほしかったんですけど!!          

(ライター/峰なゆか)

峰なゆか
1984年富山県生まれ。スリーサイズはB93cmW59cmH91cm。Hカップのスーパーボディを武器にAV女優として活躍。09年に引退した後は、フリーライターとして、エロからカルチャーまで幅広く執筆中。

ms_shop.jpg


『pop life department. m’s』
「エロいものならなんでも揃う!」を合言葉に、”大人のため”のおもちゃや萌え系、セクシー系のコスプレ衣装などを取り揃えるアダルトグッズショップ。首都圏を中心に8店の店舗とネットショップを展開している。
http://www.ms-online.co.jp/

 

『ペペローシヨン 360ml 』

 
定番オナホールのお伴

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS