>   >   > 

メンズサイゾー事件簿

エイズ詐欺勃発! 悪質なエイズ感染をネタに振り込め詐欺!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

51BT3FS9PKL._SS500_.jpg
*イメージ画像:『詐欺とペテンの大百科』著:カール・シファキス/ 訳:鶴田文/青土社刊

 昔から、恐怖心をあおって現金を脅し取るケースは非常に多く、感染症エイズをネタにした事件がわが国で何件も発生している。

 まず1986年7月、大阪府岸和田市で52歳のコンビニ経営者が取引のある銀行に「カネを出さないと客や行員にエイズや他の病原菌を感染させる」などと電話して、現金を要求。しかし、指定した場所には現われず、その後も約50回に渡って銀行に同様の嫌がらせ電話をかけ続けたため、大阪府警捜査一課と岸和田署に恐喝未遂容疑で逮捕された。

 また、91年10月には、福岡市博多区に住む21歳の男が、福岡市内の小学生の母親に病院職員を装って電話し、「学校の尿検査でお子さんからエイズ・ウイルスが出た。黙っていて欲しければ20万円を払え」と脅迫。しかし、尿検査でHIVウイルスが検出されるはずもなく、母親の通報で男は恐喝未遂の疑いで博多署に逮捕された。

 さらに95年12月、東京都内で女子大学生やOLなど、明らかになっているだけでも47名に、エイズと診断されたかのような文書が送りつけられた。

 文書は「エイズ病原体感染者報告書」というタイトルの封書で、都立病院から都知事宛てのような体裁だった。封筒には2枚の紙が入っており、1枚には送りつけられた女性の氏名とともに、「カリニ肺炎」「入院治療の要あり」などと記載されていた。もう1枚は「脅迫状」で、この「報告書」の内容が「大学の友人などにファクスで配布されようとしている」などと前置きした上で、「止めさせようとお考えでしたら、5万円を振り込まれることをお薦めします」と現金を要求する文章とともに、千葉県内の信用金庫の口座番号が記されていた。

 だが、女性たちはエイズの検査どころか、都立病院での受診経験すらない者ばかりだった。結局、脅迫状に記されていた銀行口座から住所不定・無職の30歳の男が逮捕された。明らかな犯罪行為であるにもかかわらず、この犯人は自分名義の口座番号を記載していたのだった。共犯の42歳の元工員もほどなく逮捕となった。

 いずれの事件でも、あまりにズサンで短絡的としか言いようがない。事実、現金を奪うことのできたケースはひとつもない。そもそも、受診もしていない病院での診断結果など信用できるわけもなく、こんなすぐにバレるようなウソでカネを騙し取れると考えるほうが、どうかしていると言わざるを得ない。
(文=橋本玉泉)

『詐欺の心理学―どうだます? なぜだまされる?』著:取違孝昭/講談社刊

知識を得るのも予防線のひとつ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】大学教授が愛人を寝取った男をフルチン監禁!
【関連記事】寝ている間に殺人!? 強姦!? 誰にでも起こりうる夢遊病事件簿
【関連記事】不倫による「損害賠償」の条件とは



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週