>   >   >  ギャルの性欲にタジタジ

【元デリヘル店長の回想録】さすが男漁りが趣味だと言うだけのことはある!! ギャルの性欲にタジタジになった夜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 筆者は昔から性欲が旺盛な方で、デリヘルの業界に入ったのも「ちょっと美味しい思いができるんじゃないか?」というなんとも単純な理由だった。

 店舗責任者になったことで、“ちょっと”どころではなく美味しい思いをしまくったのは、このコラムを読んでくれている読者の皆さまはご存じだと思う。

 今回は、そんな私も驚いた、性欲が強いギャルキャストとのお話だ。


【風俗嬢と体の関係~アンリの場合~】

 梅雨入りし、本格的に雨の日が続く6月中旬。

 梅雨のジメジメ感に似合わない、派手な金髪の女のコが面接に来た。


「よろしくおねがいしまーっす!」

「あはは、元気がいいね。よろしく」

「えへへー。よく言われます!」

 顔をくしゃっとさせ、無邪気な笑顔を見せる彼女の名前はアンリ。

 髪を緩めに巻き、下着が見えそうなくらい短い黒のワンピース姿だった。

 化粧は濃いめだが、目鼻立ちは整っていて、素材としては悪くない。

 タイトなワンピースで丸分かりとなったボディラインが、エロさを引き立てていた。


「今までに風俗の経験はあるのかな?」

「そうですね。半年くらい前からやってます!」

「なるほど。ちなみに、働く理由は聞いても大丈夫?」

「全然大丈夫ですよ! って言っても、趣味の延長みたいなもんですけど(笑)」

「趣味の延長?」


 思いがけない言葉に声が裏返った。

 アンリはそんな私を見て笑いながら続けた。


『日焼けあとが超エロイ現役黒ギャルビーチバレーボール選手! 練習よりも毎日色んなエロメンとパコりたいからAVデビュー!!』

ギャル最高!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週