>   >   >  友だちの奥さんが風俗の面接に

【元デリヘル店長の回想録】友だちの奥さんがまさかの入店! 脱がせてビックリ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 風俗という仕事に今現在携わっている、もしくは携わったことがある女性は、ある統計によるとおよそ30人に1人の割合なんだとか。学校でいえば、クラスにひとりは風俗に関わったことのある人間がいるイメージだ。

 何が言いたいのかというと、風俗嬢として働いている女性は、芸能人のように特別な存在なんかじゃなく、実際にはもっともっと身近な存在ということだ。

 今回紹介するのは、私の“身近な人間”が面接に来た時のお話だ。



【風俗嬢と体の関係~美月(ミツキ)の場合~】


「あ、あの…ユウスケには言わないで…」


 面接に来た女のコは、今にも泣き出しそうな顔だった。

 他人行儀に“面接に来た女のコ”と書いてみたものの、実際は顔見知りどころじゃなく彼女のことはよく知っていた。彼女は、


私の友人の奥さん、美月(ミツキ)だった。


 その友人と遊んだり飲みに行く時に、彼女ともよく顔を合わせていた。

世間は狭いってことを、まさかこんなカタチで実感するなんて…。


「大丈夫、黙っておくよ。俺だってふたりに別れて欲しいとか思ってないし」

「あ、ありがとう…」

「とりあえず、身バレしないようできるだけ考慮するよ。NG地域を設定したり」

「み、みばれ…? NG地域…?」


 困ったように首をかしげる美月。


「美月って、風俗で働いたことあるの?」

「ううん、ここが初めてなの」

「えっ、未経験なの!?」

「うん…やっぱり経験がない人は難しいのかな?」

 ドクンと胸が大きく鼓動を打つのが分かった。

 未経験なら言い包めて、

好きにできるかもしれない!


 いけないことだと分かっちゃいるが、湧き上がってくるドス黒い欲望に抗えなかった。


『友達の奥さん 澁谷果歩』

過ち起こしてもしょうがないエロさ

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週