芸能

突然劣化した永作博美、平子理沙......40歳は女のターニングポイント

 先月29日から公開中の映画『八日目の蝉』は、直木賞作家、角田光代のベストセラー小説が原作となっている。この作品で、赤ん坊のときに父親の不倫相手に誘拐された女性を演じる井上真央とともに、その赤ちゃんを誘拐した女性を演じた永作博美の演技は高く評価されている。作中で髪の毛をバッサリと切るシーンも、カツラを使わず自身の髪を切り、逃亡中のシーンもほとんどスッピンで、その役柄に取り組む姿勢も並大抵のもの...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • スレンダー系グラドル・河村美咲、初めて変形水着! 「自分で言うのもなんですが、結構セクシーな感じです」
  • もはやポロリは日常茶飯事! 日本一エッチな女子大生・忍野さら、自慢のGカップおっぱいは私生活でも…
  • Hカップグラドル・RaMu、圧巻の着衣巨乳! 最新イメージ作は初体験だらけ?
  • ノーブラで毛皮を着たシーンも…クビレ女王・川崎あや、NGにしようと思ったくらい際どい衣装で“攻めた”最新イメージ作品
  • “ミラクル神ボディ”松嶋えいみ、タンクトップの肩紐をズラされ手ブラに…最新イメージ作品発売イベント
  • 「ポロリなしの撮影って難しい(笑)」ベテラングラドル・花井美理、950ミリの胸が大暴れする最新作!
  • 現役アイドルが「寝る時は全裸」の衝撃発言! 『アフィリア・サーガ』マホ、2ndイメージDVD発売イベント
  • 「自分でもエロさ具合がヤバいなって(笑)」ぽちゃドル界のニューカマー、Hカップグラドル・天草七美

close