芸能

突然劣化した永作博美、平子理沙......40歳は女のターニングポイント

 先月29日から公開中の映画『八日目の蝉』は、直木賞作家、角田光代のベストセラー小説が原作となっている。この作品で、赤ん坊のときに父親の不倫相手に誘拐された女性を演じる井上真央とともに、その赤ちゃんを誘拐した女性を演じた永作博美の演技は高く評価されている。作中で髪の毛をバッサリと切るシーンも、カツラを使わず自身の髪を切り、逃亡中のシーンもほとんどスッピンで、その役柄に取り組む姿勢も並大抵のもの...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • “困り顔Fカップ”月城まゆ、最新イメージ作でセクシーなウエディングドレス姿!
  • Vフロントでサイドもハイレグで、ほとんどの部分が透けて…相沢仁菜、最新イメージ作はスケスケ満載
  • デカイのは胸だけじゃない! 吉沢さりぃ、最新イメージ作でKカップと美尻Tバックを接写されまくる!!
  • 『ミス東スポ2017』特別賞・矢野冬子、初イメージ作品でDTを殺すセーター! きわどいシーン連発「皆殺し」セクシー!!
  • Gカップグラドル兼プロ雀士・篠原冴美、最新イメージ作で手錠をかけられ牢獄に入れられる「すごいインパクトのあるシーン」
  • 人妻だと思うとさらにソソる! 森下悠里、エッチすぎて「旦那さまには見せられない」ラストDVD!
  • 台湾出身のハーフ美女・YUMI、“お尻推し”グラビアデビュー!
  • 名峰“吉田山”の魅力(エロさ)再発見! 吉田早希、2年ぶりのDVDで「柔らかさが自慢」のHカップを揺らしまくる!!

close