カルチャー

「骨まで愛して」よりもっと情熱的に? 死後もペニスを保存された男たち

   「骨まで愛して」とは1966年に城卓矢がリリースし、大ヒットとなった歌謡曲だ。一人を一途に愛する気持ちを歌い上げる名盤だが、世の中には愛しすぎて男性の骨どころかペニスにまで執着し、死後保存してしまった人たちも存在する。ほかにも、あまりの大きさゆえに持ちさられたという事件や偉大な人だったため保存されたと伝わるケースも。歴史上の人物の保存されたペニスエピソードをご紹介。...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 「ポロリは99連発くらい(笑)」Iカップ猫娘・青山ひかる、葉っぱブラでポロリ連発!?
  • “美尻グラドル”今野ゆい、透け感たっぷりのメイド服&セーラー服に黒のガーターベルトで…大人セクシー路線!
  • 極上スレンダーボディと水着が食い込んだ尻! セレブキャラで人気の恵比寿☆マスカッツ・三田羽衣
  • 19歳とは思えない色っぽさ! 業界期待のFカップグラドル・上岡楓
  • これがラストだとは思いたくない…“尻職人”倉持由香、「全チャプターお尻推し」の最新DVD!
  • 小島みゆ、マネージャーNGのオープンブラ水着に挑戦! 最新イメージDVDで“大人セクシー”
  • Gカップおっぱいが上下左右にプルンプルン…現役女子大生グラドル・西堀智美
  • 「目を細めて想像してください」 “奇跡のロリ巨乳”和地つかさ、Gカップおっぱいがあわや…!?

close