カルチャー

「骨まで愛して」よりもっと情熱的に? 死後もペニスを保存された男たち

   「骨まで愛して」とは1966年に城卓矢がリリースし、大ヒットとなった歌謡曲だ。一人を一途に愛する気持ちを歌い上げる名盤だが、世の中には愛しすぎて男性の骨どころかペニスにまで執着し、死後保存してしまった人たちも存在する。ほかにも、あまりの大きさゆえに持ちさられたという事件や偉大な人だったため保存されたと伝わるケースも。歴史上の人物の保存されたペニスエピソードをご紹介。...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 超軟乳Gカップグラドル・和地つかさ、「意識が朦朧として…」ポロリしたのかしてないのか分からないまま撮影
  • 「エロに前向き、前のめり!」永井すみれ、葉っぱをおっぱいと股間に貼り付けて…大胆なシーンにチャレンジ!
  • “最強合法ロリ”長澤茉里奈「しばらくはDVDを出さないと思います」! 集大成的イメージDVD『まりなーず伝説』
  • ロシア出身の美少女ブラダ、初水着でダイナマイトボディが露わに!
  • 「私、押しに弱くて断りきれないんです」 正統派グラドル・小島みゆ、極貧生活のワケは…
  • スレンダーボディにむっちりヒップで人気の松岡里英! 無職彼氏を立ち直らせるセクシー看護師に!!
  • 剣道で鍛え抜かれたボディ&Eカップおっぱいは必見! 現役女子高生グラドル・秋吉美来、“美少女伝説”ふたたび!!
  • 美尻クイーン・戸田れい、首輪&リードを付けてお散歩プレー!! 「私はドSだから男性に付けてみたいかも」

運営メディア

close