カルチャー

湯女のエッチなサービスも

混浴OK、覗き放題......パラダイスだった!? 江戸時代の銭湯事情

 江戸時代、江戸の町では自分の家に内風呂がある庶民はほとんどいなかった。というのも自宅に風呂場を作るには専用の湯殿と井戸が必要だが、江戸は元来、井戸水の出が悪かった。そのため、江戸っ子たちの多くは湯屋(銭湯)を利用し、江戸時代末期になると町内に必ず一軒はあるほど、湯屋は繁盛していた。現在の東京も銭湯が多いのも、その名残りである。  さて、当時の湯屋は男女混浴が当たり前で、老若男女問わず一緒の...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 「やっぱりグラビアが好き♪」春菜めぐみ、1年ぶりのイメージ作品で下乳丸見えのサービスカット!!
  • 上は裸でシャツだけ羽織り…可愛すぎるキス顔で話題の星島沙也加、攻めのセカンドDVD!!
  • 博多発のHカップ“大型”新人グラドル・神宮寺かなん! 初イメージDVDでガンガン色気を出しまくる!!
  • ガーゼの眼帯水着!? 「ギリギリまで攻めたい」元芸能マネージャー・松川悠菜、イメージDVDデビュー!
  • Gカップコスプレイヤー・九条ねぎ、グラビア活動休止へ! ラストDVDは「かなりの露出」で幼なじみと…
  • Iカップ巨乳グラドル・青山ひかる、相変わらずのド迫力ボディ! 最新イメージ作は「上も下も全身ポロリの連続」!?
  • 制服に手ブラ、10代むっちりボディを味わい尽くせ!! 低身長ロリ巨乳グラドル・西堀智美、最新イメージ作で先生と生徒の一人二役
  • Gカップ“出目金おっぱい”がポロリ…伊藤早由利、小麦色の肌のムチムチ感がタマらん最新イメージ作!

close