カルチャー

湯女のエッチなサービスも

混浴OK、覗き放題......パラダイスだった!? 江戸時代の銭湯事情

 江戸時代、江戸の町では自分の家に内風呂がある庶民はほとんどいなかった。というのも自宅に風呂場を作るには専用の湯殿と井戸が必要だが、江戸は元来、井戸水の出が悪かった。そのため、江戸っ子たちの多くは湯屋(銭湯)を利用し、江戸時代末期になると町内に必ず一軒はあるほど、湯屋は繁盛していた。現在の東京も銭湯が多いのも、その名残りである。  さて、当時の湯屋は男女混浴が当たり前で、老若男女問わず一緒の...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 寿エリカ、“ひたすら”オッパイにこだわった3年ぶりのイメージ作品! 監禁シーンに「エロ心が芽生えました(笑)」
  • 1stイメージDVDがスマッシュヒット! グラビア界の超新星・愛生、大胆衣装は「横から丸見えで、まさにギリギリで危なかった」
  • 桐山瑠衣、バドワイザー柄のビキニからハミ出まくる超乳! 最新イメージ作で“付け根が痛くなるほど”揺れるオッパイ!!
  • セクシーな演技はお仕事モードだからできること!? 実は草食系だったHカップグラドル・橘花凛!
  • 「現場でのポロリなんてかまってられません!」野田彩加、アラサーグラドルの覚悟が詰まった“激アツ”な新作イメージ作!!
  • Hカップグラドル・葉月あや、谷間の白さ際立つ褐色ボディがエロすぎる! 「男遊びをしたい!」の爆弾発言も
  • “今、愛人にしたいグラドルNo.1”森咲智美、目隠し氷責めに「これがないと物足りない」と身もだえる!
  • “動けるGカップ”の本領発揮! 犬童美乃梨、最新イメージ作で「腰をグイグイ回してエロい感じのダンス」披露

close