>   >   > 

テカりもボリュームも最高な尻! “平成のサトエリ”佐藤衣里子、ピッチピチのボンデージドレスがエロすぎる!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

20171010satoeriTP.jpg
※イメージ画像:「佐藤衣里子Instagram(@eriko0625)」より

 8日、レースクイーンとしても活躍するグラドル・佐藤衣里子(さとう・えりこ/27)が、タイトめなボンデージドレスショットを自身のInstagramにアップ。カメラに背中を向けたポージングで、お尻のボリュームと曲線美をアピールした。

 この画像は、先月26日に発売された週刊誌「FLASH」(光文社)のグラビア撮影時のもの。佐藤といえば、2015年に発売された青年コミック誌「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)でノーパンショットを披露して美尻ぶりが話題になったが、今回のボンデージショットでは「お嬢様顔との対比が欲情を掻き立てる」「お尻のテカリがエロスを演出」と、生尻とはまた違った刺激でファンの鼻息を荒くさせたようだ。

 昨年10月に発売した1st写真集『尻愛体』(小学館)ではお尻のみならず上半身裸まで披露し、“見えていないのはバストトップと股間だけ”という極限露出に挑戦した佐藤。167cmの高身長にスリーサイズ上からB83・W58・H85(cm)、Dカップ巨乳のパーフェクトボディ、特に自身のウリだという“腰からお尻にかけてのライン”を存分にアピールしてファンのド肝を抜いた。

 脱ぎっぷりの良さや過激なスタイルで注目を集めた佐藤だが、今年5月にリリースした映像作品『Venus』(No brand)に関しては従来のグラドルのイメージ作品とは一線を画す演出面が話題になった。同作品内で佐藤は写真集のようなセミヌードは披露していないが、ドローンによる空撮や優雅なBGMなどを用い、「病院の待合室で流れているようなキレイな映像です」と自評した高画質な映像美の中、紙媒体とは異なる魅力を発揮してみせたのだ。


佐藤衣里子『尻愛体』

衝撃でした

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週