>   >   > 

アンジェラ芽衣、大人セクシーに挑戦で別格の色気! 横乳あらわな「童貞を殺すセーター」も披露


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

アンジェラ芽衣、大人セクシーに挑戦で別格の色気! 横乳あらわな「童貞を殺すセーター」も披露の画像1
※イメージ画像:「アンジェラ芽衣Twitter(@angela_mei01)」より

 今年6月に「週刊プレイボーイ」(集英社)の表紙で鮮烈なグラビアデビューを飾ったハーフタレントのアンジェラ芽衣(20)が、発売中の同誌の表紙に再び登場。約10年前にグラビア界を席巻したリア・ディゾン(30)を彷彿とさせる容姿から「黒船再来」のキャッチフレーズで話題になっていた彼女が、限界ギリギリ露出の袋とじグラビアでGカップボディを披露し、さらに男性人気が沸騰しそうな気配となっている。

 アンジェラはフィリピン人の母と日本人の父を持つハーフで、身長172センチのスラリとした体型にスリーサイズ上からB92・W61・H90という文句のつけようのない規格外ボディ。あまりの完璧さから「ドール系美女」とも呼ばれ、人気女優の広瀬すず(19)が8月に放送されたトークバラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で「いま最も注目する美少女」として名を挙げたことでも話題になった。

 6月26日発売の同誌で表紙に抜擢され、世の男性たちの度肝を抜いたばかりだったが、それから1クール(3カ月)も経たないうちに新人としては超異例の再登板。しかもオールグアムロケとなっており、数々のグラビアスターを育ててきた同誌が「別格」の素材として扱っていることがうかがえる。

 今回のグラビアは「フルスロットル!」と題し、前回よりも格段にセクシー度がアップ。大迫力のGカップバストの谷間に目を奪われる表紙カットをはじめ、お尻がほぼ丸出しになった黒のレオタードやヒョウ柄の極小ビキニなど、大人っぽく露出度の高い衣装をまとっている。髪の毛をアップにしておでこを出しているカットもあり、弱冠20歳にして早くも大人の色気に挑戦しているようだ。


『週刊プレイボーイ 2017年9/18号』


大物感が漂ってます

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週