>   >   > 

バカリズムの提案で人気グラドルたちが「自己顕示欲解放中」! セクシー自撮りでファンを喜ばせる


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

バカリズムの提案で人気グラドルたちが「自己顕示欲解放中」! セクシー自撮りでファンを喜ばせるの画像1
※イメージ画像:青山ひかるTwitter(@hikaru06kon)より

 10日深夜放送の『ヨロシクご検討ください』(日本テレビ系)をきっかけに、TwitterやInstagramといったSNSが盛り上がっている。

 この番組は、バカリズム(41)、山里亮太(39)、若林正恭(38)、坂上忍(49)という「世の中を斜めに見ている4人」が、さまざまな問題の解決策を提案するトークバラエティ。14年秋に第1回が放送され、不定期で続くスペシャル番組だ。

 「心の闇4(フォー)」と呼ばれる4人は、今回も独自の切り口でトークを展開。その中でバカリズムは、SNSを活用する女性タレントに対して、「もっと素直になったほうがいい」と提案した。

 バカリズムは「芸能人がSNSを使うのは自己顕示欲を満たすため」と分析。しかし、その自己顕示欲を隠す人も多いと指摘し、例として、グラビアアイドルの吉木りさ(29)がInstagramにアップした“すっぴん自撮り”を取り上げた。この画像の吉木は、バカリズムが言うように可愛らしいのだが、彼女は「必死にとってこれです」と自虐的なコメントを添えていたのだ。

 続けてバカリズムは、手島優(34)や熊切あさ美(36)のSNS画像にも言及。ふたりともキュートな表情の自撮りを載せているにもかかわらず、自分のビジュアルに自信がなさそうなコメントを寄せていた。そんな彼女たちをバカリズムは、「言い訳がましい」と一蹴。そして、素直になるための最適な方法として、自撮りをアップする際に「#自己顕示欲解放中」のハッシュタグをつけることを提案した。

 そもそも、多くの人に自分を知ってもらいたいと思っているのが芸能人で、いわば自己顕示欲の塊みたいなもの。それを承知しているバカリズムは、SNSに自撮りをアップすることを悪いとは言っていない。自己顕示欲を「隠蔽」するようなコメントが、彼には「許せない」のだという。


『自分のことをしゃべりすぎる若者たち』


自己アピールは大事

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週