>   >   > 

『怒り新党』リニューアルに怒りの声…青山愛アナのファンは納得いかない!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

『怒り新党』リニューアルに怒りの声…青山愛アナのファンは納得いかない!?の画像1
※イメージ画像:テレビ朝日系『マツコ&有吉の怒り新党』公式サイトより

 マツコ・デラックス(44)と有吉弘行(42)という芸能界を代表する毒舌キャラのふたりが出演する『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)。夜11時台の放送にもかかわらず、視聴率15%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を超えることもある人気バラエティだ。

 視聴者から寄せられた「怒りメール」をテーマにしたマツコと有吉のトークに共感する人も多いが、このところネット上には「怒りの声」が殺到している。4月の改変期を控え、『怒り新党』はリニューアルを発表したのだが、それに納得がいかない視聴者がいるようだ。

 新番組のタイトルは『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、引き続きマツコと有吉は出演し、視聴者投稿をもとにトークする。そのテーマが「怒り」以外でもOKになるというのが変更点のようだ。ほぼ同じ内容で、これまで以上に幅広いトークが期待できそうだが…。アシスタントを担当するアナウンサーが青山愛(あおやま・めぐみ/28)から久保田直子(35)に変わるそうで、これに男性視聴者が肩を落としているのだ。

 昨年の春、フリーアナの夏目三久(32)からバトンを受け取った青山。入社時から報道志望で、1年目に看板ニュース番組『報道ステーション』に抜擢された彼女は、その路線を歩むかと思われていた。だが、ほぼ初バラエティという状況で『怒り新党』に起用され、マツコと有吉の洗礼を受けることに。

 当初は「青山アナには太刀打ちできないのでは」と不安視する向きもあった。しかし、帰国子女である彼女は、時に日本人離れした感覚でふたりを驚かせるなど、堂々とした進行ぶり。徐々に、番組ファンからも認められる存在に成長した。好きな男性のタイプにハリウッド俳優を挙げたり、外国人男性との交際歴を明かした際は、ネットでも大きな話題を呼んだ。


『テレビ朝日女性アナウンサー 2017年カレンダー 卓上A6』

テレ朝もイロイロある

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週