>   >   > 

独自のエロさを追求! ネットを盛り上げる「#グラドル自画撮り部」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  ,  

161230_kuramoti_tp.jpg
※イメージ画像:倉持由香Twitter(@yukakuramoti)より

 タレントにとって、今や欠かせないツールになっているSNS。若手の多くは自己アピールやファンサービスの場として積極的に活用しており、それが仕事につながるケースも少なくない。その中でも特にネットで有名なのが「グラドル自画撮り部」だ。

 “尻職人”こと人気グラドルの倉持由香(25)が発起人となり、2014年にスタートしたグラドル自画撮り部。これ以前から倉持はTwitterに自撮りを投稿していたが、画像に「#グラドル自画撮り部」のハッシュタグをつけたのが始まりだ。以降、さまざまなグラドルが同じタグをつけて自撮り写真を投稿するようになり、現在では500人を超える“部員”が日々セクシーショットを披露している。

 当時、AKB48グループをはじめとするアイドル勢がグラビアで活躍する姿を見て、“グラドル復活”を思い部を発足したという倉持。自撮りを毎日何枚もアップした彼女のフォロワー数は一気に3万人以上になり、大きな話題を呼んだ。それと共にグラビア活動を活発化させた彼女は、今やグラビア界のトップランナーのひとりだ。ちなみに現在の倉持のフォロワーは22万人以上いる。

 そんな倉持と共に部を盛り上げているグラドルが副部長の吉田早希(28)だ。倉持が尻なら自分は胸と言わんばかりに、吉田は豊満なバストをウリにした画像を頻繁に投稿。その胸は「標高90センチHカップの名峰・吉田山」と称され、多くのグラビア好きを魅了する。バニーやメイドといったコスプレショットも豊富で、「サービス精神がハンパじゃない」と評判だ。

 また「書記」の塚本舞(26)は、雑誌「BUBKA」(白夜書房)にて連載コラム『塚本舞の#グラドル自画撮り部通信』を執筆しており、書記という役職にちなんだ活動で部の認知度を上げている。

 そんな自画撮り部で今年注目度を上げた若手といえば、キュートな顔立ちと似つかわしくないド迫力のHカップバストを持つ志崎ひなた(19)だ。


『倉持由香/恋愛イミグレーション[DVD]』


ますますの活躍を!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週