>   >   > 

菊地亜美にビクビク…大川藍、アイドリング!!!時代のトラウマを告白


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

160830_okawa_tp.jpg
※イメージ画像:大川藍Twitter「@lespros_ai」より

 元アイドリング!!!でモデルの大川藍(23)が、29日放送の『7時にあいましょう』(TBS系)に出演。アイドリング!!!時代の先輩にあたるタレントの菊地亜美(25)と壮絶なバトルを繰り広げ、ネット上で話題になっている。

 この日は「芸能界禁断のご対面!女のイザコザ完全決着!」という企画で、わだかまりのある女性タレントたちがスタジオに集結。大川は長年にわたってアイドル時代を共に過ごした菊地に、「どうしても言えなかったこと」を告白するために登場した。

 その冒頭、ためらいながら「ずっと苦手で…。亜美ちゃんのことが怖かったんです」と切り出した大川。そこから菊地に抱いていた思いを次々とぶちまけた。

 大川は、「楽屋に入ってくると、いつ(菊地の)怒りのスイッチが入るのかビクビクしていた」「(菊地が)怖いのがトラウマで地獄だった」と、当時の心境を洗いざらい告白。さらに、14年に菊地のアイドリング!!!卒業が決まった際には、メンバーのほとんどが「ホッとしてましたよ」と暴露した。

 そんな大川の容赦ない口撃に対し、菊地は「藍ちゃんのことは、友だちとは思ってなくてライバルだと思ってた」と冷静な口調で切り返す。続けて、当時は数少ない仕事さえも選り好みにしていたメンバーに疑問を抱いていたことを明かした。菊地といえば、アイドリング!!!時代からソロでバラエティに出演する機会も多く、ほかのメンバーよりも一般層に知られていた。そんな状況だったため、菊地は後輩たちにもっと前に出てほしいと願い、その気持ちが厳しい態度につながったようだ。

 しかし、大川は「でも亜美ちゃんが怖いから、(バラエティに出ても)しゃべれない後輩がたくさんいた」と対抗。すると菊地は、「それはおかしい。(テレビで自分を)出せないようじゃ芸能界なんてやっていけない」とばっさり切り捨てた。さらに、菊地も以前は大川が苦手だったと発言。すぐさま「今は好き」とフォローしたが、大川は納得できないように頬を膨らませるのだった。


『アイドリング!!! 卒業アルバム 2006-2015』

卒業は出発点

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週