>   >   > 

菜々緒に続け! 「悪女優」演技で新たな路線を切り拓く女たち


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

160218_nanao_tp.jpg
※イメージ画像:『菜々緒 2015カレンダー』トライエックス

 自らの欲望に忠実で、時に周囲を翻弄する悪女。映画やドラマには欠かせない役どころにもかかわらず、ハマリ役とした有名女優はあまり多くない。しかし、ここ数年で凄みのある演技を得意とする「悪女優」が注目されつつあるようだ。

 現在のドラマ界で「クイーン・オブ・悪女優」の名をほしいままにしているのは、何といっても菜々緒(27)だ。172センチの長身に股下85センチの美脚、9頭身のスタイルを誇るルックスを武器に、女優やモデルとして活躍していた。しかし、以前は決して好感度の高いタイプではなかった。T.M.Revolution西川貴教(45)との熱愛報道が出れば売名行為と受けとられ、SNS上でアンチとバトルを繰り広げることも多く、ネット上では「見た目だけ」「自分大好き系」など辛辣な意見が目立つ時期もあった。

 そのイメージが一変したのは、2014年に放送されたドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)だ。菜々緒は、主演の沢尻エリカ(29)を目の敵にする超ドS系悪女を演じ、男性ばかりでなく世の女性たちをも魅了。2015年のドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(同)では冷酷な整形美女殺人鬼を演じ、悪女優としてさらなる高みへと上り詰めた。現在では、バラエティ番組出演した際、「日本一悪女が似合う女優」と紹介されるほどだ。

 そんな菜々緒に続くのではないかと注目を集める女優がいる。現在放送中の連続ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)に出演している水川あさみ(32)だ。

 水川が演じているのは、主人公のルームメイト。自己中心的な性格の持ち主で、気まぐれに男性を誘いながらも、実は孤独感や寂しさに苛まれているサークルクラッシャー的な要素をもったキャラクターだ。この水川の演技に対しては、ネット上に「見ていて最高にイライラする」「超腹が立つ」などの書き込みが相次いでいるが、それこそまさに悪女優の名にふさわしい反応といえるだろう。


『白いドレスの女』


映画史に残る悪女

amazon_associate_logo.jpg


【 関連記事 】

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ