>   > 

篠田麻里子、黒すぎるトラブル続発で凋落状態が深刻化…「オヤジ受けのよさ」が裏目?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

20150918marikoTP.jpg
※イメージ画像:Mariko Shinoda Official blog「Everyday in a New day」より

 元AKB48篠田麻里子(29)の凋落ぶりが目立っている。

 篠田といえばAKB屈指の美貌とスタイル、抜群のファッションセンスの持ち主として期待され、卒業後もバラエティーからアパレル関係まで幅広く活躍。「卒業後も絶対に安泰」といわれていたが先日、一部メディアに「Instagramが私生活のことばかり」などと報じられ、お寒い状況を指摘された。

 その原因はダーティなイメージにもなりかねないトラブルの続出だ。

 今月9日、CM契約をめぐる恐喝事件で芸能プロ社長が逮捕されたが、容疑者がキャスティングに動いていたタレントが篠田だったことが判明。篠田本人に責任はないだろうが、一般ニュースの事件報道で「篠田麻里子」という名前がデカデカと報じられる憂き目にあった。

 昨年はプロデューサー兼デザイナーを務めたファッションブランド「ricori」が全店閉店したことが大きな話題になった。篠田は全面的に関わっていることを度々アピールしていたが、閉店となった途端に「去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です」と他人事のようなコメント。「逃げ足の速さ」だけが印象に残り、大きなイメージダウンになった。

 一昨年には、福岡市のネット上の仮想行政区「カワイイ区」の区長を退任。市長を表敬訪問した篠田の思い付きで始まったとされ、当初は篠田人気も手伝って登録者が4万人を突破するほどの大盛況だった。

 ところが、篠田の仲介でサイト制作を担当した大手代理店「電通」に約1,000万円の税金が流れていたことや、市と正式契約を結んでいないRKB毎日放送が関連グッズの販売や特別住民票の予約受付を手掛けるなど運営資金の不透明さが露呈。篠田の退任後も「男女差別を助長する」といった苦情があり、今春に「カワイイ区」は廃止されている。


篠田麻里子写真集『Pendulum(ペンデュラム)』


もう7年前なのか…

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週