>   > 

アルバム売り上げ不振の浜崎あゆみ、アジア諸国ではまだまだ人気!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

0501hamasaki_main.jpg
※イメージ画像:浜崎あゆみ『A ONE』avex trax

 4月8日にリリースされた浜崎あゆみ(36)の最新アルバム『A ONE』(avex trax)。同作は彼女のデビュー17周年記念日に発売されたものの、オリコン週間チャートでは初登場4位と苦戦を強いられ、さほど話題にもならなかった。

 しかし、17日に台湾での発売が開始されるや否や、台湾のJ-POPやK-POPチャート、台湾版Amazonとして知られるショッピングサイト「博客来(ボーカーライ)」の売り上げランキングで1位を獲得。さらには、香港、インドネシア、シンガポールなどアジア各国のiTunesアルバムチャートでも1位に輝いた。近年、ルックスの劣化や歌唱力の低下などマイナス面ばかりが取りざたされ、新曲をリリースしてもかつてのようなヒットを記録することはなくなっていた浜崎だが、日本以外のアジア圏ではまだまだ人気のようだ。

 ただ、彼女の国外での人気はいまに始まったことではない。かねてからYouTube上の彼女の動画には海外のファンからのコメントが多く寄せられているし、また今年2月には、台湾で絶大な人気を誇っているシンガポール出身のシンガーソングライター・JJ Linの台北アリーナ公演にサプライズゲストとして登場し、ファンから大歓声を浴びた。また、JJ Linと浜崎は『A ONE』の収録曲である「The GIFT」でコラボしており、台湾をはじめとするアジア圏のファンの間で大きな話題となった。

「浜崎さんの海外での活躍にネット上では『海外に逃げても意味ないのに』といった否定的な意見もありますが、一方で『日本でもあれだけ売れて、海外でも売れるってすごい』『海外で日本人が評価されるのはうれしい』との声も聞かれています。元々、台湾では日本のアーティストが人気ですし、浜崎だけでなく安室奈美恵(37)や倖田來未(32)、西野カナ(26)らも台湾でライブを行い、毎回大いに盛り上がっています。ただ、アジア諸国は日本に比べると音楽マーケットの規模がまだまだ小さいので、そちらに活動の拠点を移すというのは危険かもしれませんが、日本での活動とうまくバランスをとって活動する分には何ら問題ないと思います。


『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2014-2015 A』


重ねた年齢だけ厚みを増すものもあるハズ

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週