>   >   > 

『鬱だ一番!アーバンギャルドまつり2015』開催! 新メンバー加入のアーバンギャルドは今後どう変わっていくのか


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0406avangya_01.jpg

 テクノポップバンドのアーバンギャルドが、新宿ReNYで二日間に渡るワンマンライブ『鬱だ一番!アーバンギャルドまつり2015~ワンマン&スペシャル・今度は戦躁だ!~』(4月4日~5日)を開催した。

 この4月よりサポートメンバーを経て正式メンバーとなったおおくぼけい(Key)加入後の初のライブとなり、両日とも二部構成。「DEATH」(4日)「REBIRTH」(5日)と銘打ち、一部のワンマンライブに加え、二部では初日がインディーズ時代から持っていた演劇エッセンスを鏤めた異色の詩劇『アーバンギャルドの新宿に死す』を、二日目はカバー曲を含む『浜崎容子VS松永天馬!水玉紅白歌合戦』のステージが行われた。

 途中、5月からスタートさせる全国ツアー『アーバンギャルド2015 春を売れ!SPRING SALE TOUR』の各会場限定で販売されるというミニアルバム『少女KAITAI』の情報も解禁。収録曲である「コインロッカーベイビーズ」や「原爆の恋」など新体制後初となる新曲も多数披露され、ライブは大盛況となった。

 全日程終了後にヴォーカルの浜崎容子、松永天馬の両フロントマンを直撃し、新作や今後のアーバンギャルドの展望について話を聞かせてもらった。

0406avangya_02.jpg


──ライブお疲れさまです。大盛況だったと思うんですが、今回の『鬱だ一番!アーバンギャルドまつり2015~ワンマン&スペシャル・今度は戦躁だ!~』について、改めてどういうイベントだったのか教えてください。

松永天馬(vo 以下松永):普段のアーバンギャルドのライブとは少し違った、アーバンギャルドの世界をより深く伝えるためのイベントでした。アーバンギャルドというバンド名にはそもそも「前衛都市」といった意味合いがあって、バンドそのものがひとつの街というか、物語だと僕たちは思っているんです。その中の住人でもあるファンのみなさんが、僕たちの世界により強く惹かれるような空間にしたいなと思って今回のようなかたちにしてみました。

──二部構成で二日連続となれば、盛りだくさんな反面、やる側はたいへんだったのではと思いました。

松永:普段のライブだけでも結構疲れるんですけど、そこにさらにライブじゃないことを二日間別々に盛り込むっていう(笑)。

浜崎容子(vo 以下浜崎):すごくドタバタだったんですよ。今回、仕込みがすごく多くて。直前までレコーディングも並行して行っていたんで、準備がいろいろたいへんでした。二部構成なんか二度とやりたくないって思いましたよ(笑)。でも、一番はお客さんに楽しんでもらうことだって考えていて、もしファンのみなさんがこういうのをまた見たいって言ってくれるなら、これからもどんどんやっていけたらなって思っています。

松永:アーバンギャルドはバンドではあるんですけど、いわゆるロックバンドというくくりだけでは表現できない、メディアのような存在だと思っているんですよ。だから、時々こういうプレミアなイベントをやって、アーバンギャルドの広がりみたいなものを見せたいなって思っているんです。



『鬱くしい国』


好評発売中!!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週