>   > 

デビュー20周年で再ブレイク! 篠原ともえ、復活の原動力になった「隠れ美形」の評判と見えざる努力


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

0130xccy_main.jpg
※イメージ画像:『ゼクシィPremier No.6 WINTER 2015』リクルートホールディングス

 歌手で女優の篠原ともえ(35)が再ブレイク状態になっている。

 この10年ほどは「テレビから消えた」といわれていた篠原だが、近年は清楚系のお姉さんスタイルに変貌したことをきっかけに「美人すぎる」「劣化どころかキレイになってる」などと評判を呼び、仕事でもドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)や公開中の映画『海月姫』で個性的な役柄を好演。情報番組『PON!』(日本テレビ系)の曜日レギュラーを務め、30日に放送されたバラエティー『バナナマンの決断は金曜日!』(フジテレビ系)で往年のシノラーファッションを披露して話題になるなど、再び世間から熱い注目を浴びる存在となっている。それだけでなく、松任谷由実(61)のステージ衣装のデザインを担当したり、コンテンポラリーダンスの公演に出演したり、趣味の星座観察に関する著書「宙ガール篠原ともえの『星の教科書』」(講談社)を出版するなど以前より活動の幅が広がっている状態だ。

 16歳だった1995年に石野卓球(47)のプロデュースで歌手デビューした篠原は、個性的なファッションとハイテンションな振る舞いで一躍人気者に。彼女のファッションをまねる「シノラー」が全国に増殖するなど大ブームを巻き起こした。だが徐々に人気は下火になり、01年にはレギュラー出演していた『LOVE LOVEあいしてる』(フジテレビ系)が終了。さらに、同時期に台湾で警察沙汰となる騒動が発生。泥酔状態の篠原が宿泊先のホテルの廊下で「バカヤロー!」などと叫んで大騒ぎしたとされ、一部の現地メディアでは「裸同然の格好で部屋から飛び出してきた」「全裸で大暴れ」などと報じられた。帰国した篠原は「酔っぱらってなんかいません」「廊下で『早く帰りたい』と叫んだだけ」と釈明したが、前歯が1本欠けていると指摘され、ただならぬ事件があったことを感じさせた。

 多忙によるストレスが原因ともいわれているが、これをきっかけに明るいキャラクターに無理が生じ、さらには中村獅童(42)とのスキャンダルの影響もあって表舞台からフェイドアウト。世間から忘れられた存在になってしまった。


『宙ガール☆篠原ともえの「星の教科書」』


ベントラー・ベントラー・ベントラー

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週