>   > 

まるでAV!? 真木よう子主演新ドラマで全裸謝罪&爆乳大暴れ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

0116mondaiaru_main.jpg
※イメージ画像:フジテレビ系『問題のあるレストラン』オフィシャルサイトより

 真木よう子(32)が主演する新ドラマ『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)が、15日スタート。15分拡大して放送された初回の平均視聴率は11.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)で、近年のドラマとしては及第点といえる数字を記録した。

 2013年にヒットしたドラマ『最高の離婚』(フジテレビ系)の脚本家と真木が、再びタッグを組んだとして、放送前から注目を浴びていた『問題のあるレストラン』。女性応援コメディと銘打たれていたことから、『最高の離婚』のような、笑いあり涙ありの人間ドラマを期待した視聴者も多かったことだろう。新ドラマでも、さまざまな問題を抱える“ポンコツ女”たちが、孤軍奮闘して男性社会に立ち向かう様子がユーモラスに描かれていた。

 第一話は、セクハラを受けた友人のために真木が会社に反旗を翻すといった内容。放送終了後のネット上には、「共感できるわぁ」「笑えるけどなんか泣けてきた」「爽快だ」などといった感想が寄せられている。出演者の高畑充希(23)、二階堂ふみ(20)、松岡茉優(19)といった旬の若手女優も、それぞれ個性的な役柄を生き生きと演じていると評判の様子。しかし、そんな好評価の声が聞こえる一方で、作中のワンシーンが「AVのようだ」と話題にもなっている。

 ネット上で物議を醸しているのは、モデルの菊池亜希子(32)演じる女性社員が、男性上司たちからセクハラを受けた場面。会社が起こしたミスの責任を負わされた菊池が、幹部社員の前で全裸になって謝罪することを要求されたシーンだ。なぜ自分が謝罪しなければならないのかもわからないまま、裸になることを強要された菊池は、涙を浮かべながらボタンを外し始める。20人の男性社員に囲まれながら、徐々に服を脱いでいく菊池。体を震わせながら全裸になって立ち尽くす彼女には、男性たちから冷たい拍手が送られるのだった。

 男性中心の会社組織で生きる女性たちが受けているセクハラの酷さを表現したシーンといえるが、あまりにも極端な描写にネットユーザーたちは、「まるでAV」「こんな会社ありえない」と反応。過激なセクハラシーンに違和感を抱いた視聴者も多かったようだ。


『下着モデルをさせられて… 星野ナミ』


こんな感じ?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週