>   > 

ビビアン・スー、劣化知らずの美貌にネット民歓喜! 日本芸能界復帰は!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

1222vivian_main.jpg
※イメージ画像:『Natural Beauty』ファー・イースタン・トライブ・レコーズ

 21日、保田圭(34)がブログの中で、ビビアン・スー(39)とのツーショット写真を公開した。東京ディズニーシーに出かけたという2人は、ペアの耳あてをして頬を寄せ合う姿などを披露。久しぶりに日本人タレントのブログに登場したビビアンに、ネットユーザーたちも「相変わらず可愛い」「39歳とは思えない」「早く日本の芸能界に戻ってきほしい」といった声を上げている。

 今年6月に挙げたバリ島での結婚式にも保田を招待していたビビアン。以前保田は、ビビアンについて「芸能界で一番長い付き合いの古い親友」と紹介しており、これまでにもたびたびブログで写真を公開している。その都度、ビビアンには「劣化知らず」「キュートすぎる30代」といった好意的な反応寄せられてきた。

「ビビアンの愛らしい美貌は、男性ファンはもちろん、女性層からの支持も高い。キュートな中にもセクシーな印象があり、同世代の女性には憧れの存在として映っているのでしょう。ほとんど日本の芸能界で活動していないにもかかわらず、これだけ注目されるタレントは珍しい。彼女と同じように来日してブレイクしながら、数年で本国に帰り、それ以降さっぱりという外国人タレントは多いです」(芸能関係者)

 1996年、人気バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)のレギュラーに抜擢され、一躍日本での知名度を上げたビビアン。番組内の企画で、南原清隆(49)と天野ひろゆき(44)と結成した「ブラックビスケッツ」では、NHKの『紅白歌合戦』に出場するなど、タレントとしてだけでなく、歌手としてもブレイクを果たしている。しかし、1999年に突如ブラックビスケッツの解散が発表されるとビビアンは番組を降板。当時、彼女は『笑っていいとも!』(フジテレビ系)などのレギュラーも務めていたが、それらを辞して芸能活動の拠点を台湾へ移した。


『Angel―ビビアン・スー写真集』


劣化なし!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週