>   > 

脱『家なき子』なるか…安達祐実、主演映画で全裸&過激濡れ場を見せたワケ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

0903adachi_main.jpg
※イメージ画像:『安達祐実 遊女A-映画「花宵道中」より』TOEI COMPANY,LTD.

 デビュー30年を迎えた女優の安達祐実(32)が、20年ぶりの主演映画『花宵道中』(豊島圭介監督/11月8日公開)で初のオールヌードと大胆な濡れ場を披露している。安達自身が「今までの殻を破る作品」と位置づけており、先日開催されたカナダ・モントリオール世界映画祭にも出品されるなど、その気合いの入り方は尋常ではない。

 作品の舞台は江戸末期の吉原。体がほてると肌に花のような赤い斑点が浮かぶことから「体に花が咲く」と評判になっている遊女・朝霧(安達)が、偶然に出会った染物職人の半次郎(淵上泰史)と禁断の恋に落ちるというストーリー。

 劇中で濡れ場は3回もあり、宴会の席で織物問屋の吉田屋(津田寛治)にいたぶられるシーンは圧巻。半次郎の目の前で羽交い絞めにされ、着物をはぎとられるとバストトップが露出。背後から乳首をつねられてあえぎ、はだけた着物のすそから股間に男の手が伸びる。男に弄ばれてあえぎ声をもらす朝霧だが、目は切ない表情で半次郎を見つめる。また、物語後半に朝霧と半次郎が追われるシーンでは月明かりの下、隠れ家で全裸の二人が一つになり、朝霧の大胆な騎乗位も披露される。

 安達といえば、往年の名ドラマ『家なき子』(日本テレビ系)などの子役時代のイメージが強く、大人になってから伸び悩んでいたのは本人も周囲も認めるところ。結婚や出産、さらには離婚を経た現在も世間のイメージはあまり変わっていない。

 だからこそ、そのイメージから脱皮するためにオールヌードと過激な濡れ場に挑んだというわけだ。

「安達ほどのネームバリューがあり、なおかつ子どもがいる身となると、普通はヌードや濡れ場に抵抗がある。しかし、少女のころから芸能界に染まっていた安達は、母である以前に自分は『女優』であるという考え方。プロ意識が非常に強いため、何よりも子役時代のイメージからの脱却を望んでいる。昨年、彼女はセミヌード写真集を発表しましたが、それでは弱いと本人も感じていた。そのタイミングで今回のオファーがあったため、安達は並々ならぬ意欲で撮影に挑んでいた」(芸能関係者)


『映画「花宵道中」公式ビジュアルブック』


「具が大きい」の幼女も妖艶になりましたね

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週