>   > 

江角マキコ、ママ友バトルの陰湿すぎる報復…長嶋一茂の自宅に「バカ息子」と落書き指示か


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

0828esumi_main.jpg
※イメージ画像:江角マキコ オフィシャルブログより

 自身のブログで「ママ友イジメ」の被害に遭ったことを告白するも、そのママ友から週刊誌上で反論されて窮地に陥っている女優の江角マキコ(47)。そんな彼女にさらなる驚愕のスキャンダルが噴出した。発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が、江角がマネジャー(当時)に指示し、長嶋一茂(48)の自宅に「バカ息子」などと落書きをさせたと報じたのだ。

 同誌によると、江角と一茂の娘は同じ名門小学校に通う同級生で両家は家族ぐるみの付き合いをしていた。ところが、4年ほど前から江角と一茂の妻の関係が悪化し、ママ友バトルに発展した。

 そんな中、江角は2012年暮れに当時所属していた大手事務所「研音」の担当マネジャーA氏に「娘が一茂さんの子どもにイジメられている」と告白。その報復行為として、一茂宅への落書きを依頼したという。マネジャーとしてタレントの頼みを断り切れなかったA氏は、ホームセンターでペンキやスプレーを購入。当日深夜にマスクに手袋という姿で一茂宅へ向かい、落書きに及んだという。

 記事には落書きを目撃した近所の人の証言をはじめ、一茂宅の真っ白な壁に「バカ」「アホ」「バカ息子」などと誹謗中傷が書かれている写真やガレージのシャッターに白いペンキがぶちまけられている様子が証拠として掲載されている。

 この事実が明るみになったのは、後悔にさいなまれたA氏の“告白”だったという。今年3月に江角が独立したことで吹っ切れたのか、A氏は親しい知人に「実は…」と落書きの一部始終を話すようになった。さらにA氏は、江角から「スプレー代」として十万円ほどの謝礼を受け取ったとも語っているという。

 報復が落書きという発想の幼稚さにあきれてしまうが、これが事実ならば「器物損壊罪」や「建造物損壊罪」として江角とA氏は主犯・実行役の関係となり、逮捕される可能性も出てくる。

 同誌に直撃されたA氏は「僕が当事者だということを認めて、そちらに話せば、逮捕される口実ができてしまう」などと捜査の手が及ぶことを懸念し、言葉をにごした。だが、後日に落書きの件をあらためて問うと「誠意をもって謝ります」と答えており、それが事実であると認めている。だが、江角本人や研音はノーコメントを貫いている。


『ショムニ2013 DVD-BOX』


新作はもうムリか…

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週