>   >   > 

レズ、マンガ原作、豪華共演…「初体験ばかり」の新作に挑んだ秋山祥子、一気に新境地を開拓!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

akiyamasyouko_20140813_TAC6134.jpg

 グラビアアイドルとして活動後、2009年10月にAVデビューを果たした秋山祥子。大人っぽさの中にもあどけなさが残る清楚なルックスと、均整の取れた淫靡なグラマラスボディで、たちまちトップ女優の座に就いた。しかし、人気絶頂のさなかに2010年いっぱいでAV女優としての活動停止を宣言して多くのAVファンを悲しませた。

 その後、12年9月に待望の復活を果たし、往時と変わらぬ人気を獲得。今年3月にはMOODYZに電撃移籍を果たし、AVデビュー6年目にして初の共演ものとなる、『クリムゾンプリズン イカされたら敗北、恥辱ゲームに参加させられた女たち』(8月13日発売)に出演した。

 本作は漫画家のクリムゾンとMOODYZがコラボした人気シリーズで、共演者に波多野結衣、椎名ゆなを迎え、特別出演に大槻ひびきが参加した豪華作。彼女が演じるのは女子アナウンサー・悠里ともか役で、とあるトラブルが元で親友であるお嬢さまタレントの二階堂サラ(波多野結衣)、女格闘家の泉マヤ(椎名ゆな)と共に監禁されてしまう。そして、くすぐり、寸止め、レズプレイ、キャットファイトなどを織り交ぜた、イったら負けの羞恥ゲームに強制参加させられてしまう姿をスリリングに描いている。

 今回は最新作の見どころを中心に、MOODYZで出演した全作品を振り返ってもらった。

――『クリムゾンプリズン』は、この作品のためにクリムゾン先生がマンガを描き下ろしたそうですね。

「そうなんですよ。監督面接でクリムゾン先生と顔合わせをして、描き下ろしのマンガを見せていただいたんです。しかも、私が悠里ともかを演じることが前提にあったので、『悠里ともかのキャラクターは、祥子ちゃんにピッタリだから』と言っていただきました」

――当て書きとは言え、マンガのキャラクターを演じるのは大変だったんじゃないですか?

「いろいろプレッシャーでしたね。アナウンサー役だったので、事前に『しゃべり方は丁寧にしよう』とか意識しました。そもそも原作がマンガってこと自体が初めてで、動きも原作に沿って撮影しないといけないので、顔や体の角度も難しかったですね」

――クリムゾン先生から、「こう演じてほしい」みたいな指示はあったんですか?

「過去に私が出演したドラマ作品を観てマンガを描いてくださったらしく、『特に意識しなくても、私のイメージに合っているから』って言ってもらいました」



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週