>   > 

“陰の売れっ子”博多大吉、「漫才は終わらない宿題」などの名言を連発!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0520hakatadaikiti_main.jpg
※イメージ画像:『博多華丸・大吉式ハカタ語会話』マイクロマガジン社

 フリーアナウンサーの羽鳥慎一が司会進行を務め、さまざまな「深い話」「イイ話」が紹介される『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)。19日の放送では、『売れっ子は本当に幸せなのかSP』という内容が展開され、安藤美姫、ふなっしーとともに「博多華丸・大吉」の大吉に密着する様子が放送された。

 華やかなお笑い界の中では地味な印象も拭えないが、“陰の売れっ子ナンバーワン”として紹介された大吉。密着初日は福岡でロケだったが、移動中の車内では爆睡、到着すると電気シェーバーでヒゲを剃るなど、終始眠そうな様子を見せていた。2日目は、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の生放送のために入構申請の一般人にまじって行列に並ぶなど、どこまでも“普通”な様子が映し出されていた。

 今回、“陰の売れっ子”として取り上げられた大吉だが、今年の出演番組はすでに170本以上にのぼり、レギュラーと準レギュラーは合わせて9本という誰もが納得の仕事量をこなす。4月のスケジュールは休みなしという多忙ぶりだが、それを証明するように『ノンストップ!』(フジテレビ系)とTBSラジオの生放送2つをはしごして、その後収録を3つこなし、移動中もスマートフォンで台本をチェックするという超多忙な日々が紹介されていた。

 「ここから忙しくなくなると、不安でしょうがない」と語り、秋田でライブの後に東京に戻って後輩のライブに出演したり、「ルミネtheよしもと」で三回公演の合間にファッション誌の取材を受ける大吉。しかし、一番好きだという『厳選!いい宿ナビ』(テレビ東京系)のロケで温泉に入っている間には、カメラの回っていないところで眠ってしまうなど、疲れがたまっているのも事実のようだ。

 ネット上が一番盛り上がったのは、大吉が5時間後の単独ライブで披露する新ネタを作成中のときだろう。「今日はもう降りてきています」「脳内で華丸さんが駆け回っています」と筆が進んでいる様子の大吉。「漫才とは?」という質問に「終わらない宿題ですかね」と答え、それについてスタジオで「やらなきゃいけない、やりたくない、でもやった方がいい」と説明していた。


『「抱いた女は2000人」知る人ぞ知る売れっ子AV男優66歳 山田裕二が選ぶベスト5 』


知る人ぞ知る…

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週