>   > 

氷川きよし、恐喝トラブルで明るみになった松村雄基との“継続愛”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

0501hikawa_main.jpg
※イメージ画像:『氷川きよしの昭和の演歌名曲集』日本コロムビア

 「演歌界のプリンス」こと歌手・氷川きよし(36)の周辺が騒がしくなっている。発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が「氷川きよしの『ホモセクハラ』『暴力』『創価学会強要』地獄」と題した記事を掲載し、そこで元マネジャー男性が氷川から性的嫌がらせや暴力行為、創価学会への勧誘などを受けたと告白したのだ。さらに、氷川がバイセクシャル(両性愛者)であるとのエピソードも生々しく語っている。

 記事によると、元マネジャーは昨年10月に氷川の所属する長良プロダクションに入社。今年1月から氷川の担当になり、主に運転手役と身の回りの世話をしていた。だが、元マネジャーは掃除の際などに「自宅では女性物のTシャツにピンクのショートパンツ」という氷川の服装に違和感を抱き、女性用のパンティやシャネルの基礎化粧品がそろえられていることに衝撃を受けたという。

 これだけなら個人の趣味なのでとやかく言うことではないが、氷川は「オトコに興味ある?」「ねえ、モノは大きいの? ムケてるの?」「オナニーは何で抜くの?」「サオが大きい方がいいよねえ」と元マネジャーに日常的にささやくなど“セクハラ”行為に及んでいたという。さらに、元マネジャーは氷川が逗子の別荘で“恋人”と密会する様子も目撃。同誌も4月19日に別荘での密会を確認しており、そのお相手は2010年に“お泊り愛”をスクープされたこともあった俳優の松村雄基(50)だという。

「今回の告白記事で最も驚きだったのは、氷川がまだ松村と切れていなかったこと。スクープ直後、騒動の影響の大きさを恐れた松村が別れを切り出し、福岡空港にいた氷川が携帯電話で『捨てないで…』と涙ながらにすがっていたという目撃情報もあった。しかし、一時的に疎遠になっただけで現在も続いていたようです。以前に熱愛をスクープされた場所は氷川の自宅でしたが、マスコミを避けるために逗子の別荘で逢瀬を重ねていたとは盲点でした」(週刊誌記者)

 松村の所属事務所は同誌の取材に「宿泊はしたが、氷川さんは友人の一人」と答えており、交際は認めていないものの、逗子の別荘に泊ったのは間違いないようだ。


『スケベスト~豪華スケベBOX~』


両刀使い?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週