>   > 

2014年『スカパー!アダルト放送大賞』女優賞受賞、AV界の苦労人・波多野結衣の魅力とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0414hatano_01.jpg
※画像:『絶対コス! 波多野結衣』h.m.p

 ある意味でAV界の苦労人だが、作品の中でそんな姿は微塵も見せない。それが2014年『スカパー!アダルト放送大賞』女優賞を受賞した波多野結衣の魅力なのだ!

 2008年6月、『ZERO 素人以上、女優未満。07』でデビューした波多野結衣。発売は当時次々とヒット作を連発し、破竹の勢いで人気メーカーへと駆け上がった絶対的美少女メーカー「プレステージ」だった。その直後に、波多野は美少女単体メーカーであるh.m.pの『絶対コス!』『やりすぎ家庭教師』といった人気女優が多数起用されているシリーズにも出演している。

 といっても、波多野がすぐに単体女優として人気AV女優となったわけではない。その後しばらくは1人で出演する企画単体作品もあるにはあるけれど、多人数が出演する企画作品の中でパッケージに名前も載ってはいるが大勢の中の1人といった、AV業界的にいえば企画女優の1人でしかなかったと言える。ちなみに人妻・熟女系が多かった印象である。

 その頃の僕の波多野結衣のイメージも、企画単体女優というより企画系美熟女優で、企画作品の中でよく見かける子だなぁ~であった。波多野結衣の出演作が増え始めるのは2012年の夏頃のことである。といってもまだ企画女優のイメージであり、大勢の中の1人といった扱いが多い。2012年末頃に至り、波多野結衣は企画単体女優としての出演作を一気に増やす。そのキャラはといえば、痴女キャラ美人お姉様であった。『義父を誘惑する不貞妻』『淫らな言葉ぶっかけてあげるわ 魔性痴女の官能淫語プレイ』といった作品が、その過渡期だっただろうか。


『結衣ママとのやらしい生活』


いい女!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週