>   >   > 

月収は3,500万円!? “奇跡の一発屋芸人”有吉弘行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

ariyoshi913main.jpg
※イメージ画像:『オレは絶対性格悪くない!』著:有吉弘行/太田出版

 有吉弘行の人気がとどまるところを知らない。テレビのレギュラー番組の本数は13本を数え、ついにゴールデンで初冠番組となる『有吉ゼミ』(日本テレビ系)も開始された。ほんの少し前までは。『進め!電波少年』(日本テレビ系)の“ヒッチハイクの旅”でブレイクしたのちに低迷したため“一発屋芸人”としてメディアに出演していたが、すでに彼のことをそう呼ぶ人はいないだろう。

 飛ぶ鳥を落とす勢いでテレビに出続けている有吉。そのギャラを「女性自身」(光文社)が報じている。記事によれば、有吉のギャラは月収3千500万円。内訳としてはゴールデンかプライムタイムの冠番組は1本約150万円。冠がつかない場合は約50万円でCMは1本2千万から検討するとのこと。この発表にネット上では「テレビ業界も昔に比べたら不景気なはずだけどねえ」「意外に安いな」という声が上がっていた。

「有吉さんは今年初旬に発表された潜在視聴率ランキングで、くりぃむしちゅーさん、タカアンドトシさんについで3位でランクインしています。彼より潜在視聴率が下とされる爆笑問題さんの冠番組でのギャラが1本250万円で、ネプチューンさんは230万円だそうです。数字を持っていて安上がりとなれば、彼が各局で引っ張りだこになるのは当然ですね。有吉さんの月収を単純計算すれば年収約4億円になりますが、以前バラティー番組で有吉さんと同じ事務所に所属している土田晃之さんが『うちの事務所は、事務所とタレントの取り分は7:3って謳ってるんですよ』と話していますし、だいたい事務所からの手数料を引くと手元に残るのは1億3千万円くらいですかね」(芸能ライター)

 業界内での有吉の評価は「物腰が柔らかく優しい、スタッフにまで気を配ってくれる」と、かなり好意的なものだ。一発屋芸人として知られるムーディ勝山はかつて、ブレイクしていた当時の自分に言いたいこととして「スタッフには優しくしておけ」などをあげたこともあり、売れ続けるためにはスタッフ受けは外せないようだ。業界内外から支持される有吉の人気はまだ当分続くだろう。

 見事に“一発屋芸人”から脱出することができた有吉。だが、かつて彼のようにブレイクし一躍時代の寵児になったものの、ブームが過ぎ去った後に低迷している芸人たちも多い。

「一発屋と呼ばれる芸人さんたちは毎年のように生まれますからね。かつては莫大な収入を得ていたものの、今ではその収入もサラリーマン並みで見る影もないと自分たちでも自虐気味に語っています(笑)。例をあげれば、波田陽区さんは約2,800万、長州小力さんが約2,000万円、長井秀和さんが約1,800万円で小梅太夫さんが約400万円。ムーディ勝山さんも約650万円ほどの月収があったと言われています。それぞれ事務所もバラバラですので手取りまでは不明ですが、相当稼いでいたでしょうね。

 一発屋と呼ばれている芸人に、売れなくなっていく過程を聞いたことがあります。まず、スケジュール表から徐々にキー局の仕事が減り始め、今まで断っていた地方局やラジオの仕事が増え出すそうです。徐々にテレビが減るのと比例してイベント営業の仕事が入り、そのころにはあまりもらえていなかったオフの日が入るようになる。そこから仮押さえのスケジュールが増え、ついには営業にも呼ばれなくなり、気づけば仕事がなくなっている、ということでした」(放送作家)

 地方では『テレビに出ている芸能人』というのがイベントでの集客には欠かせない。テレビで姿をみかけなくなると地方でも徐々に知名度が下がり、営業のお呼びもかからないのだろう。そんな中、いまだに全盛期には及ばずとも安定した収入を得ている一発屋芸人たちがいるという。

「イベントを数多くこなすエスパー伊東さんやテツandトモさんは、今でも月収約200万円と言われています。また猫ひろしさんはランニング関連の仕事で1回50~100万円のギャラがもらえるそうで、月額では200~800万円の月収を得ているともいわれています。まぁ、エスパー伊東さんが一発屋芸人かと言われれば違う気がしますが(笑)、彼の場合は“結婚式余興芸人”としてテレビに出ていたころよりも稼いでいるようですね」(放送作家)

 売れなくなった多くの一発屋は、有吉の今の活躍ぶりをどのような気持ちで見ているのだろうか。いつの日かまた自分も同じように復活できると信じるための“希望の星”なのか、それとも…。大ブレイク後に奈落の底まで落ちきった上に、さらにそこから“持ち合わせた才能とほんの少しの運”を味方に這い上がってきた有吉。彼の芸人人生は、一発屋芸人の歴史における“奇跡”といえるのかもしれない。
(文=本山文七)


『スギちゃん 危機一発だぜぇ~』


アブナイぜぇ~

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週